連載
» 2008年03月31日 00時00分 公開

結構ややこしいぞ! アーンド・バリュー計算と分析メンバーに贈るプロマネ基礎講座(5)(3/3 ページ)

[田中亮,グローバル ナレッジ ネットワーク]
前のページへ 1|2|3       

演習問題

問題

 あなたは、プロジェクト期間が6カ月、総予算が5000万円のプロジェクトを管理しています。いま、開始から1カ月が経過し、完成時の予測を立てるために分析を行おうと思います。現在の状況を測定すると、PV400万円に対し、EVは450万円、ACは500万円であることが分かりました。


(設問1)このプロジェクトの状態の説明として適切なものを選びなさい。


a.全体の進ちょくとしては予定以上に進んでおり、納期は心配ないが、コストが超過気味なので、不安である

b. 全体のスケジュールは予定より早く進んでおり、コストも当初より少なく推移しているので、このまま進めればよい

c. 全体として作業が遅れ気味で心配である。ただし、コストは予定より少ないので安心である

d. 全体として、作業は遅れ、コストも超過しているので、いますぐ対策を取るべきである


正解

 a


解説

 現在の状況は、SVおよびCVを計算すれば判断できます。

SV = EV- PV = 450万円 − 400万円 = 50万円 (50万円分の作業が先行)

CV = EV-AC = 450万円 − 500万円 = −50万円 (50万円分のコスト超過)

 従って、選択肢aの説明が適切です。


(設問2)前述の状況でコストの超過が判明しましたが、これは見積もりの精度が低かったことが原因であり、引き続き同様の超過が予測されました。この場合、最終的なプロジェクトのコストはどの程度になりますか?

a. 約5050万円

b. 約5500万円

c. 約5556万円

d. 約6000万円


正解

 c


解説

 まずは、コストの効率を表すCPIを算出すると、

CPI = EV / AC = 450 / 500 = 0.9

となります。

 これは、投入したコストの90%しか成果が上がっていないことを意味します。今後もこの効率でコストが発生すると仮定した場合、

EAC(完成時の予測)= AC +(BAC − EV)/ CPI

= 500万円 + (5000万円 − 450万円) / 0.9

≒ 5556万円

となります。従って、正解は選択肢cです。

筆者プロフィール

田中亮

グローバル ナレッジ ネットワーク

プロダクトマネージャ兼講師。保有資格は、米国PMI認定PMP、OCP:ORACLE MASTER GOLD。SEとして生産管理システムの開発を経て、グローバルナレッジへ転職。Oracle認定研修やデータベース関連コースの講師を担当後、PMPを取得。現在は、PM/SWEグループ プロダクトマネージャを担当する傍ら、講師としてプロジェクトマネージメントの研修やOracleの研修も実施している。いま関心のあることは、2人の息子の子育てと、ウイスキーを楽しむこと。


※2015年6月10日 スペルミスを修正しました
前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。