連載
» 2008年04月10日 00時00分 公開

Windows Server 2008の基礎知識:第10回 ターミナル・サービスによるクライアントの仮想化(後編) (1/4)

強化されたターミナル・サービス解説の後編。初期インストールから環境整備など、一通り「使える」までの構築手順を解説。

[安納順一(IT Pro エバンジェリスト),マイクロソフト株式会社]
  Windows Server 2008の基礎知識 ―― 新サーバOSで何が変わるのか? ―― 
Windows Server Insider

 

「  Windows Server 2008の基礎知識 ―― 新サーバOSで何が変わるのか? ―― 」のインデックス

連載目次

「Windows Server 2008の基礎知識」は、Windows Server 2003の後継OSとして2008年に出荷が予定されている、Windows Server 2008の注目機能について解説するコーナーです。本記事は記事執筆(2007年12月初旬)時点の最新ビルドであるRC1をベースに記述しており、製品出荷時に変更の可能性があります。ご了承ください。


 前回は、ターミナル・サービスの役割とそれぞれの機能について解説した。今回はターミナル・サービスを実際に構築し、RemoteAppを介したシームレスなアプリケーション利用環境の提供を開始するまでを、ステップ・バイ・ステップ形式で解説する。なお、今回はターミナル・サービスを手軽に理解し体験していただくために複雑な環境を避け、TSセッション・ブローカやTSゲートウェイといった機能は組み込まないことにする。

構築する環境

 構築する環境のイメージと各コンピュータの役割を以下の図と表に示す。

各コンピュータの構築イメージ
TS01がターミナル・サービスの各種サービスを提供し、Vista01がクライアントとしてTS01にアクセスすることになる。
※RDC 6.1: Remote Desktop Client 6.1

コンピュータ名 OS ドメイン・コントローラ DNS ターミナル・サーバ TSライセンス TS Webアクセス リモート・デスクトップ接続クライアント(RDC)
DC01 Windows Server 2008
TS01 Windows Server 2008
Vista01 Windows Vista SP1
各コンピュータの役割
Windows Server 2008はいずれもServer Coreではなくフル・インストールの必要がある。また執筆時点では、Windows VistaのService Pack 1にはベータ版を利用した。

 想定するシステムの環境と、構築の要件を以下に示す。

  • Active Directoryドメイン(Example.jp)がすでに存在し、すべてのコンピュータはActive Directoryドメインのメンバとする
  • ターミナル・サービスを1台(TS01)構築する
  • ターミナル・サービスにはTS Webアクセスを追加して、ブラウザからのアクセスを可能とする
  • ターミナル・サービスには2007 Office Systemをインストールし、RemoteApp機能を介して利用者に公開する
  • Windows VistaにはService Pack 1を適用する
  • ターミナル・サーバへの接続時にはActive Directoryとのシングル・サインオンを実現する

ターミナル・サービスのインストール

 Windows Server 2008にターミナル・サービス機能を追加するには、「サーバー マネージャ」を使用する。以下に、ターミナル・サービスの追加手順を示す。

1. ログオン
  ターミナル・サービスをインストールするサーバ(TS01)に、管理者権限を持ったユーザーでログオンする。ここでは、Administratorを使用する。

2. サーバ・マネージャを起動する
  デフォルトではログオン後にサーバ・マネージャが自動的に起動されるので何もする必要はない。起動されない場合には、[スタート]−[サーバー マネージャ]をクリックして起動する。

サーバ・マネージャを起動する
ログオンしてもこの画面が表示されない場合は、[スタート]−[サーバー マネージャ]をクリックして起動する。

3. 役割の追加を起動する
  コンソール・ツリー(左側のペイン)から[役割]をクリックし、役割フィールド(右側のペイン)から[役割の追加]をクリックする。

役割の追加を起動する
  (1)これをクリックすると、右側のペインに役割フィールドが表示される。
  (2)これをクリックすると、役割の追加ウィザードが起動される。

4. 「開始する前に」ウィンドウ
  役割の追加ウィザードが起動するので、[次へ]ボタンをクリックする。

5. 「サーバーの役割の選択」ウィンドウ
  役割一覧に表示されている役割から、「ターミナル サービス」をチェックして[次へ]ボタンをクリックする。

「サーバーの役割の選択」ウィンドウ
ターミナル・サービスをはじめとするWindows Server 2008の各種役割を追加できる。
  (1)これをオンにする。

6. 「ターミナル サービス」ウィンドウ
  ターミナル・サービスの機能に関する説明が表示されるので、確認後[次へ]ボタンをクリックする。

7. 「役割サービスの選択」ウィンドウ
  TS01にインストールする役割を選択する。ここでは、「ターミナル サーバー」「TS ライセンス」「TS Web アクセス」をチェックして[次へ]ボタンをクリックする。

「役割サービスの選択」ウィンドウ
ターミナル・サービスの場合、このように役割サービスは5種類ある。それぞれの機能については中編を参照していただきたい。
  (1)インストールする役割を選んでチェックをオンにする。

 なお、[TS Web アクセス]をオンにすると、以下のようにIISのインストールも同時に行われる旨のウィンドウが表示されるので、[必要な役割サービスを追加]をクリックしてインストールすることに同意する。

TS Webアクセスに必要な役割サービスが自動的に検出されたところ
TS WebアクセスをインストールするにはIISなどの役割サービスが必要になるため、このように確認が求められる。IISのインストールはウィザードの最後に実行される。
  (1)IISをはじめ、TS Webアクセスに必要な役割サービスとして検出されたもの。
  (2)これをクリックすると、検出された役割サービスの追加が決定される。

8. 「互換性維持のためのアプリケーションのアンインストールと再インストール」ウィンドウ
  ターミナル・サービス上のアプリケーションに関する注意事項が表示されるので、確認後[次へ]ボタンをクリックする。

「互換性維持のためのアプリケーションのアンインストールと再インストール」ウィンドウ
表示された注意事項を確認して次へ進む。
  (1)ユーザーに公開するアプリケーションは、ターミナル・サーバのセットアップ後にインストールすることが推奨されている。


       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。