連載
» 2008年05月20日 00時00分 公開

“ざっと見”で理解する2008導入のメリット一気に分かるSQL Server 2008 新機能(1)(3/3 ページ)

[内ヶ島暢之,ユニアデックス株式会社]
前のページへ 1|2|3       

大規模データウェアハウスへの対応

−ページレベル、行レベルでのデータ圧縮が可能に

 SQL Server 2008ではページレベル、または行レベルでの圧縮が可能になりました。圧縮機能を使うことでデータウェアハウスのような大量データを一度に読み込む必要があるシステムでは、ディスクI/Oの回数が減少するためパフォーマンス向上の可能性があります。

 しかし、データ圧縮、展開にはCPUリソースが消費されるため、CPUコストとディスクI/Oコストがトレードオフの関係にあることには留意する必要があるでしょう。

−マルチスレッドを使ったデータアクセス

 SQL Server 2008ではパーティションテーブルへのクエリ処理能力が向上しました。

 パーティションテーブルに対してクエリを実行すると、パーティションキーの境界値をまたいだ検索はSQL Server 2005ではパーティション内ではシングルスレッドで動作していたものが、SQL Server 2008ではマルチスレッドでのデータアクセスが可能になっています。

 これによって、大幅なパフォーマンス向上が期待できます。パーティション機能を使っている、または検討しているユーザーにとっては重要な機能追加となります。

ビジネスインテリジェンス基盤の強化

−Tablixデータ領域によるレポートの表現能力向上

 SQL Server 2008のReporting Servicesは表現能力が向上しています。TablixというTableとMatrixの良いところを併せ持ったデータ領域を使うことで、静的なデータと動的なクロス集計データを同時にレポート化できます。また、グラデーション表示、2Y軸、ゲージといった表現方法が追加されています。

 これらを使うことでレポート作成の自由度が上がり、複雑なデータをより分かりやすく表現することが可能となりました。

総評

 SQL Server 2008では開発プロセスの変更により、品質が高いレベルで均一に保たれており、安心して利用できる製品になっていることが分かりました。またSQL Server 2008はSQL Server 2005の利点を継承しながら、管理や開発に有用な新機能が追加されていることをご紹介しました。今年度の製品版リリースには大きな期待ができます。


 次回はSQL Server 2008の管理者向け新機能をピックアップし、より詳細に利用方法を紹介する予定です。


前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。