ニュース
» 2008年07月07日 00時00分 公開

企業での対策は「不十分」:従業員の約9割、「仕事上でストレス」

[岑康貴,@IT]

 人事部門向けの情報サイト「日本の人事部」を運営するアイ・キューは7月7日、ビジネスポータルサイト「cybozu.net」と合同で行った「職場におけるメンタルヘルス」に関するアンケートの結果を発表した。

 調査は「日本の人事部」に登録している企業会員と、「cybozu.net」の利用者を対象に、2008年4月16日から5月15日にかけて行った。有効回答数は597人で、そのうち約27%が人事部・経営者。また、約87%が正社員だった。

 「あなたは仕事上でストレスを感じていますか」という質問に対しては、「強く感じている」と回答した人が41.4%、「少し感じている」と回答した人が47.2%おり、9割近くの人が、仕事に対して何らかのストレスを感じているという結果となった。

あなたは仕事上でストレスを感じていますか?

 ストレスを感じる原因については、突出した回答はなく、「仕事・職場の将来性に対する不安」「賃金が安い」「職場の人間関係が悪い」「仕事量が多い」など回答はさまざまだった。「自分の能力不足」など、自分自身の問題をストレスの原因だと回答した人はほとんどおらず、大部分は「自分の努力ですぐに改善できないような原因」によってストレスを感じていると同社は分析している。

仕事上のストレスの原因は何ですか?(複数回答可)

 回答者の勤務先で具体的に行っているメンタルヘルス対策についての質問では、「特に対策は行っていない」という回答が最も多かった。産業医の設置や管理職・従業員への教育を行っている企業も多いものの、どの程度活用されているかという質問に対しては、活用されていないという回答が「あまり」「まったく」を合わせると6割を超えた。

勤務先ではどのようなメンタルヘルス対策を行っていますか?(複数回答可)

 メンタルヘルス対策が活用されていない理由に関しては、約47%が「企業の周知不足で利用方法が分からないから」と回答している。それ以外にも、「教育や研修などを取りあえず行うだけ」という声が多く、企業側のメンタルヘルスに対する意識の低さを指摘する回答が多く見られたと同社は説明している。

 こうした状況において、実際に回答者の勤務先で、3年以内にメンタルヘルス不全で休職あるいは退職した人が「いた」と回答した人は70.4%となった。「原因は何だと思いますか」という質問に対しては、「職場の人間関係」「上司のフォロー不足」「職場のコミュニケーション不足」など、同僚や上司との関係性によるものだとする回答が上位を占めた。

従業員がメンタルヘルス不全になってしまった原因は何だと思いますか?(複数回答可) ※出典:アイ・キュー

 今後どのようなメンタルヘルス対策を望んでいるかについては、「残業削減など労働環境の改善」が29%でトップ。「管理職向けの教育・研修」「従業員のストレスチェック」が続いた。

 アンケート結果を元に同社では、「労働に関する多くの問題が噴出」しており、それらは「メンタルヘルス不全に通じる重要な問題。しかし、そのような状況にあっても、企業側の対応は依然として十分ではない」と指摘している。また、今後は企業のみならず、政府や行政機関、組合などが一体となって労働者のメンタルヘルスに向き合い、労働環境の全体を改善していく必要があると主張している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。