連載
» 2008年07月16日 00時00分 公開

5分で絶対に分かる:5分で絶対に分かるマインドマップ (3/6)

[片岡俊行,ゆめみ]

2分 − マインドマップを書いてみよう

 それでは、実際にマインドマップを書いてみましょう。基本的なルールを紹介しますので、まずは試してみてください。

マインドマップの例 マインドマップの例
  1. 紙とペンを用意します。
  2. 紙の中心に、議題やアイデアなどの「タイトル」を書き、丸で囲みます。ここでは、「○○プロジェクト」としています。
  3. タイトルから放射状に線をのばします(タイトルからのばす線は、木の幹のように太く強調します)。
  4. タイトルに関連するキーワードを連想し、線の上に書いていきます。紙の右上から時計回りに書いてください。例えば、「メンバー」「開発期間」「開発背景」などでしょうか。
  5. ひと通りのキーワードが書けたら、キーワードからさらに放射状に線をのばして、連想するキーワードを書きます。プロジェクトにかかわる部署が複数あるような場合には、「メンバー」というキーワードに関連付けて、まず大項目として部署名を書くのがいいでしょう。そして部署ごとに参加メンバーの名前を記入します。

 このようにして、連想するキーワードをどんどん書いていくのがマインドマップの基本ルールです。連想したことをすべて記述するのではなく、なるべく単語にして書きます。紙の中心から放射状に広がることになりますので、スペースをうまく使ってみてください。

 正式なマインドマップにはほかにもルールがあるのですが、最初のうちはあまりこだわらずに、まずは書いてみましょう。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。