ニュース
» 2008年07月24日 00時00分 公開

経営に関わる会計人材を育成:早稲田大、ベリングポイントと共同でコンサル実務の寄附講座

[ 岑康貴,@IT]

 早稲田大学は7月24日、ベリングポイントと共同で、同大大学院会計研究科にコンサルティング実務をテーマとしたベリングポイントの寄附講座を2008年9月から開講すると発表した。

 開講期間は2008年9月から2009年3月まで。週1コマを開講し、「コンサルティングと会計」「プロジェクトマネジメント」「プロジェクトの実際」「論理的思考法」「業務改善の進め方」などの内容を扱う予定。同研究科の在学生が対象となる。

 講座では、コンサルティングスキルを備えた会計人材育成支援を目的として、実際のコンサルティングプロジェクトを題材に、現場で求められるスキルや思考方法の習得を目指す。講師は同社のコンサルタントが担当するという。

 早稲田大は、今後は高度な会計知識を備えた人材が定型業務に従事するのではなく、経営に関わって企業の変革を支援することが求められると主張。そのためには論理的思考やプロジェクトマネジメントなどのコンサルティングスキルを身に付ける必要があるが、それらを学ぶ場が限られていることが講座開設の理由であるとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。