連載
» 2008年08月13日 00時00分 公開

システム開発プロジェクトの現場から(17):現場デビューのお供はビジュアル多用の報告書 (2/3)

[檜山亜紗美,アクセンチュア・テクノロジー・ソリューションズ]

何とかこなしたテスト、こなせなかった報告書

 結局、開発ではなくテストチームに配属され、サブシステムの結合テストを先輩と2人で担当することに。

 テスト実施は根気のいる作業でしたが、何とかこなしていました。本当に、「何とか」「こなす」というレベル。最初のうちは、研修で覚えたテスト実施の方法が頭に残っていたようです。気付けばテスト実施は終わっている、けれど後になって内容を聞かれると、

先輩 「ここって、どうやった?」

 「あれ? どうやったんだっけ?」

そんな状態でした(現場デビュー当時、よく見られたこの「どうやったんだっけ」現象を、先輩方は「なんだそりゃ。マジックか?」と明るく笑い飛ばしてくれたものです。感謝)。

 そして、こなせていなかったのが、テスト結果報告書。

 品質が人に依存しないよう、プロジェクトでは報告書の「ひな型」が用意されているのですが、「どうやったんだっけ」現象に占拠されていた私の脳内は、テストのことだけでいっぱいだったと思われます。

 気付けば私の報告書は、「ひな型泣かせ!」と枕詞が付きそうなほど、見事にひな型を使いこなせていなかったのです。

ビジュアル多用の報告書で言語の壁を越える

 さて、この問題で最も大きな被害を受けたのは、一時的に日本で作業をしていたChina Delivery Centreのメンバー(以下、中国メンバー)。テスト結果を受けてプログラムの再修正を行う立場でした。

 もの珍しいテスト結果(異常値をエクセルに張り付けて矢印で「Error!」とひと言。武骨すぎます)に、中国メンバーからは困惑と怒りの質問ラッシュ。

 中国メンバーのうちの多くが日本語を話せる中、私の領域の中国側メイン担当は、日本語での業務にまだあまり慣れていませんでした。

 「うん、英語だ」

 状況から、私は潔く英語を受け入れました。

 受け入れはしたものの、資料作成も英語もままならない身。紙面でも口頭でもコミュニケーションがうまく取れません。

 外資系企業故か、業界の大きな流れ故か。早くも近隣諸国にまで迷惑を掛け、混乱する自分。

 混乱したところで英語力が何とかなるわけでもないので、紙面でこちらのメッセージを理解してもらえるように工夫を始めました。

 言語の壁を越えるのは、ビジュアル(ここでは画像、図のこと)しかない。そう信じた私は、

  • エラー発見の流れを画面ショットで再現
  • エラー発生条件や注意点は補足的に吹き出しでコメント付け(in English)
  • 大切なところには太線。全部大切なときは全部太線(「何にでも太線引くなよ……」と上司に呆れられる)

としました。

 毎回、これでもか! というほどに説明を付けたのですが、それでも至らない点はあって(太線の引き過ぎも一因か)。

 決して使い勝手は良くない私の報告書でしたが、中国メンバーはそれを基にどんどん質問や指摘をしてくれ、おかげで毎日改善すべき発見がありました。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。