連載
» 2008年12月25日 00時00分 公開

Exchange Server 2007システム管理入門:第3回 IMAP/POP/SMTPの設定 (1/3)

メールサーバ・アクセスに欠かせないPOPやIMAP、SMTP。Exchangeで使うには、明示的な有効化が必要だ。

[打越浩幸,デジタルアドバンテージ]
Exchange Server 2007システム管理入門
Windows Server Insider

 

「Exchange Server 2007システム管理入門」のインデックス

連載目次

 前回は、Exchange Server 2007におけるメールボックスの作成とインターネット向けルーティングの設定について解説した。今回は、一般的なメール・サーバとして利用するための、POP3IMAP4SMTPの設定について解説する。

 Exchange ServerはOutlook 2003やOutlook 2007、Outlook Web Access(OWA)と組み合わせて利用すると、Exchange Serverの持つさまざまな機能をフルに引き出すことができるため、このような使用方法が推奨されている。だがLinuxやUNIX OS上で利用されている単なるメール・サーバの代わりとして使いたいという要望も少なくないだろう。将来はActive Directoryなどと連携させ、OutlookクライアントやOWAなどで全社的に活用するとしても、当初はOutlook Expressや(Windows Vistaの)Windowsメール、Thunderbirdといった、一般的なメール・クライアントから利用するというわけである。このような用途では、POP3やIMAP4(およびSMTP)といった一般的なメール・プロトコルがサポートされている必要がある。

 しかしExchange Server 2007をインストールした直後のデフォルトの状態(前回までの設定でインストールした直後の状態)では、POP3やIMAP4といったプロトコルは利用できなくなっている(サポートはされているが、無効化されている)。また一般的なメール送信に使われるSMTPポートについても、セキュリティのため、匿名接続は禁止されている。つまりインターネットからSMTPで直接送信されてくるメールが受信できない状態になっているというわけだ。今回は、これらの設定を変更して、POP3/IMAP4を許可し、匿名SMTP接続による受信を許可するための設定について解説する。


       1|2|3 次のページへ

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。