連載
» 2009年01月26日 00時00分 公開

3Dモデルの中をCurlで歩いてみよう(2):3Dモデリング建築内を歩けるCurl 3D Galleryとは? (1/3)

3Dモデルを簡単に作れるGoogle SketchUpで家を建て、その中をCurl 3D Galleryで歩き、3Dプログラミングを学ぶ連載です

[尾松秀紀,株式会社ベーシック]

 少し間が空いてしまいましたが、連載の2回目をお送りします。前回の「3Dモデルを簡単に作れるGoogle SketchUp超入門」では、「Google SketchUp 」の紹介が主でしたが、今回からは本題の「Curl 3D Gallery」に入っていきます。

 今回の内容は、Curlの開発環境構築から前回作成したモデルを読み込み、モデリング内を歩いてみるところまでをお送りします。では、よろしくお願いします。

図1 前回「Google SketchUp 」で作成したモデルを「Curl 3D Gallery」で読み込んだ状態 図1 前回「Google SketchUp 」で作成したモデルを「Curl 3D Gallery」で読み込んだ状態

 Curlそのものに興味がある読者は、記事「いまさら聞けない「Curl」入門(お菓子じゃない方)」を参照しておいてください。

Curlの開発環境をセットアップ

 「Curl 3D Gallery」を動かすには、実行ランタイムのインストールが必要です。また今回は、後の連載でプログラムの修正も行う予定なので、統合開発環境もインストールすることにします。

Curl IDEのダウンロード

 Curlの「ダウンロード」ページより、統合開発環境をダウンロードします。Curl IDEの「ダウンロード」リンクをクリックします。

図2 Curlの「ダウンロード」ページ 図2 Curlの「ダウンロード」ページ

 利用規約の内容を確認し、「ライセンス契約に同意する」をチェックして、「ダウンロード フォーム」ボタンをクリックします。

図3 「ダウンロード フォーム」ボタンをクリック 図3 「ダウンロード フォーム」ボタンをクリック

 「Curl IDE ダウンロードフォーム」が開くので、必要事項を記入して、送信ボタンをクリックします。

図4 「Curl IDE ダウンロードフォーム」 図4 「Curl IDE ダウンロードフォーム」

 ダウンロードのリンクと入力内容の確認画面に切り替わるので、.exe形式のファイルを適当な場所にダウンロードします。

Curl RTE 6.0.5とCurl IDE 6.0.1005のインストール

 ダウンロードした実行モジュール「curl-lab-6.0.1005-rte-6.0.5-ja.exe」をダブルクリックして実行します。すると、確認ダイアログが出現するので、[OK]ボタンをクリックし、Curl RTEのインストールを開始します。

図5 Curl RTE 6.0.5のインストール 図5 Curl RTE 6.0.5のインストール

 引き続き、Curl IDEのインストールが行われます。

図6 Curl IDE 6.0.1005のインストール 図6 Curl IDE 6.0.1005のインストール

 しばらくすると、インストールは完了です。次ページでは、実際に使い始めます。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。