ニュース
» 2009年02月04日 00時00分 公開

APC、水を引かないデータセンター水冷製品空冷式より電力コストを約40%削減

[三木泉,@IT]

 APCジャパンは2月2日、同社のデータセンター用ラック列設置型近接冷却ソリューション「InfraStruXture InRow」シリーズで、ラックまで水を引かずに水冷に近い効果を実現できるオプション製品を販売開始したと発表した。

 水冷は空冷などに比べ、データセンターの冷却に効果があるが、日本では地震に対する恐れから、データセンター内のラックまでの水配管を敬遠するケースが多い。

 こうしたユーザーに向けてAPCが提供するのは「Water-Cooled Condenser for InRow RP DX」というリモートコンデンサユニット。データセンター室外に置くユニットで、InRowシリーズの空冷式製品「InRow RP DX」とともに利用する。IT機器の熱はInRow RP DXから冷媒管を通じてこのコンデンサユニットに送り込み、コンデンサユニットに供給される冷水または冷却水で冷却する。

 新製品のコンデンサユニットを使うと、室外機を組み合わせた一般的なInRow RP DXの利用方法に比べ、約40%の電力コスト削減効果があるという。

一般的なInRow RP DXの利用形態
新製品のコンデンサユニットを使った場合の利用形態

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。