連載
» 2009年02月18日 00時00分 公開

ネットワークの基礎を学習する CCNA対策講座(16):SDMによるルータの設定と管理 (2/2)

[齋藤理恵,グローバル ナレッジ ネットワーク]
前のページへ 1|2       

SDMの起動

 SDMを起動するには、Webブラウザを起動し、以下のようにURLを入力します。

SDM起動方法
http://ルータのIPアドレス
https://ルータのIPアドレス

※httpsはSSLを使用したセキュアな接続です。

 ユーザー名とパスワードを要求する画面が表示され、それらの情報を入力します。SDMにログインすると、図2のような画面が表示されます。

図2 SDMホーム画面 図2 SDMホーム画面

(1) About Your Router:型番やIOSバージョンなど、ハードウェア、ソフトウェアに関するルータの基本情報が表示されます。

(2) Configuration Overview:インターフェイスやルーティング情報など、設定されているコンフィグレーションの概要が表示されます。

 なお、SDMで何らかの設定を行いたい場合は画面上部にある「Configure」タブをクリックします。その後、設定する内容に合わせて以下の項目を選択して設定をします(図3)。

図3 SDMタスク 図3 SDMタスク

確認問題3

問題

 SDMの起動方法を2つ選択しなさい。

a.Webブラウザを起動して、http://ルータのIPアドレスを入力して起動

b.ルータのコンソール画面から、SDM起動用のコマンドを入力して起動

c.PCのコマンドプロンプト画面から、SDM起動用のコマンドを入力して起動

d.ルータのSDM起動用のボタンを押して起動

e.Webブラウザを起動して、https://ルータのIPアドレスを入力して起動

正解

 a、e

解説

 SDMを起動するには、Webブラウザで、http://ルータのIPアドレスまたは、https://ルータのIPアドレスを入力します。従って選択肢a選択肢eが正解です。

 選択肢bは、コンソール画面からSDMは起動できません。選択肢cは、コマンドプロンプトからSDMは起動できません。選択肢dは、起動用のボタンはありません。

筆者プロフィール

齋藤理恵(さいとうりえ)

グローバル ナレッジ ネットワーク ソリューション本部に在籍。Cisco認定トレーナー。トレーナー暦は11年。マイクロソフト、サン・マイクロシステムズ、シスコシステムズなどIT業界でトレーナーとして活動。現在は、グローバル ナレッジ ネットワークで、Cisco認定トレーニングコース(CCNA、CCNP)、ネットワーク系オリジナルコースを中心に講師を担当している。



前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。