ニュース
» 2009年03月11日 00時00分 公開

フルライン・ストレージ・ベンダに進化:アイシロン、新製品群でEMC、ネットアップと“ガチンコ勝負”

[三木泉,@IT]

 アイシロン・システムズは3月11日、同社のNAS製品シリーズ「Isilon IQ」を大幅に拡大、ランダムアクセス性能重視型アプリケーション用の「Sシリーズ」とバックアップ/アーカイブ用の「NLシリーズ」を同日に販売開始すると発表した。既存の「Xシリーズ」でも拡張性を高めた新製品を投入。すでに競合することが多いというEMCやネットアップ、HPなどとフルラインで対決する。

米アイシロンCTO ポール・ラザフォード氏

 Sシリーズを含めてアイシロンの製品はすべてブロックストレージではなくNAS。同社は現時点でブロックストレージを提供する計画はない。従ってデータベースで使う場合にもNFSマウントで利用することになる。しかし、米アイシロンCTOのポール・ラザフォード(Paul Ratherford)氏は、「アイシロンほど拡張性とパフォーマンスとTCOに優れた製品はほかにない。(エンタープライズストレージ)市場は今後、ブロックストレージからNASに移行していく」と話した。

 アイシロンの製品はコントローラとディスクドライブで構成される「ノード」を積み木のように組み合わせるだけで、稼働を止めずに容量とパフォーマンスを向上できるアーキテクチャが特徴(同社はこれを「クラスタストレージ」と呼ぶ)。このアーキテクチャからくる運用コストの低さや、物理容量の80%という実効容量の大きさ、1ファイルシステムとして提供できる容量の大きさなどを、TCOに大きく影響するポイントとして訴求していく。

 すべての新製品は既存の製品群と同一の同社OS「OneFS」を搭載し、同じアーキテクチャに基づく。シリーズ間の違いは搭載するプロセッサの種類、ディスクドライブの種類、イーサネットポート数、バッファメモリ量などによってもたらされている。

「S」「X」「NL」の3シリーズが出そろった

 Sシリーズの第1弾製品「Isilon IQ 5400S」はSASドライブを採用(XシリーズはSATAドライブ)。15000 rpmの450GBドライブをノード当たり12台搭載できる。キャッシュメモリはノード当たり16GB。従って最小構成の3ノードで容量16.2TB/キャッシュ48GB、最大構成の96ノードで容量518.4TB、キャッシュ1.5TBを提供できる。サーバとの接続用にはギガビットイーサネットを4ポート搭載する。これらにより、100万以上のIOPS、30GB/秒のスループットを実現できるという。

 Xシリーズの新製品「Isilon IQ 36000x」は同シリーズの最上位機種として、1TBのSATAドライブを1ノード当たり36台搭載し、最大構成の96ノードで3.45PBを1ファイルシステムとして提供できる(従来製品は1.15PB)。コントローラのCPUには、Xeonプロセッサ2.3GHzを2個搭載した(従来製品はXeon 2.0GHzを1個搭載)。サーバとの接続用にはギガビットイーサネットを4ポート搭載する(従来製品は2ポート)。キャッシュは4GBだ。

 NLシリーズの最初の製品となる「Isilon IQ 36NL」は36000xと同様、1TBのSATAドライブを1ノード当たり36台搭載し、最大容量3.45PBを提供可能。Xeonプロセッサ2.3GHzを1個搭載。バックアップ/レプリケーション用にギガビットイーサネットを1ポート搭載する。OneFSで提供されているアプリケーションの「Sync IQ」を使った非同期レプリケーションによるバックアップ/アーカイブが可能だ。NLシリーズでは現在、重複排除機能を搭載していないが、米アイシロンは今回Ocarinaという企業との提携を発表、同機能を提供するという。日本のOcarina製品の販売時期は未定だ。

 なお、アイシロンは5月29日まで新製品に下記のキャンペーン価格を適用する。

IQ5400S 16.2TB、IQ5400S 3台 1480万円(914円/GB)より

IQ36000x 252TB、IQ36000 7台 9300万円(370円/GB)より

IQ36NL 252TB、IQ36NL 7台 5030万円(200円/GB)より

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。