ニュース
» 2009年03月24日 00時00分 公開

大企業ではプライベートクラウドが主流に:IBMのサン買収話で「x86移行は加速する」、マイケル・デル氏

[ 高橋睦美,@IT]

 米デルの会長兼CEOマイケル・デル氏が3月24日来日し、記者会見を行った。デルは先日、薄型ノートPC「Adamo」をリリースするなど、コンシューマ市場ではモバイルノート市場に力を入れる。一方で、企業向けではサーバ事業を重視。「標準化」を武器に、IBMなど競合他社との差別化を図り、顧客のコスト削減を支援するという。

米デルの会長兼CEO、マイケル・デル氏

 サーバ分野においては、米IBMが米サン・マイクロシステムズを買収するという観測が業界を駆けめぐったばかりだ。デル氏はこの説について「まだうわさの段階に過ぎない」としながらも、それが実現すれば、デルにとってはチャンスになるだろうと述べた。

 「この数年、UNIXやSolaris/SPARCからx86/Linuxプラットフォームへの移行が進んできた。IBMによるサン買収のうわさによって顧客は緊張感を抱いている。移行の流れは加速化するのではないか」(同氏)。

 また、注目を集めるクラウドコンピューティングに関しては、2つの側面からアプローチしていく。

 デル氏はまず、クラウドコンピューティングは当初はコンシューマ分野から始まり、中小規模の企業、そして大企業に広がってきたと指摘。その上で、コンシューマや中小企業向けのクラウドに対しては、サービスを提供するヤフーやグーグル、バイドゥやマイクロソフトといった事業者にサーバやストレージといったクラウドに必要なインフラを提供していく。

 一方、大企業では「システムが複雑で、独自のアプリケーションが利用されていることもある。また、機密性の高いデータを扱うため、パブリッククラウドを利用したくないという意向もあることから、プライベートクラウドが中心になると考えている」(同氏)。金融業界をはじめとするこうした顧客に対しては、VMwareなどのパートナーと連携し、仮想化を活用したプライベートクラウドのためのソリューションを提供していく方針を示した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。