連載
» 2009年04月08日 00時00分 公開

VI3におけるクローンとテンプレートVMware Infrastructure 3徹底入門 実践編(12)(2/4 ページ)

[ヴイエムウェア株式会社,@IT]

テンプレートから仮想マシンを展開する

 では次に、作成したテンプレートから仮想マシンを展開する処理を実施してみる。

 このとき、単純にそのままクローン処理を行う方法と、クローン後にカスタマイズ機構を適用する方法がある。インストールされているゲストOSがWindows系のものである場合は、カスタマイズ時にsysprepユーティリティが利用されるため、適合するsysprepファイルをVirtualCenterサーバの適切なフォルダにコピーしておく必要がある。この手順は実践編 第3回にて解説済みである。

 また、展開先として任意のデータストアを指定することができる。元々このテンプレートは esx01 の内蔵ディスク上に作成したものであるが、前回までの連載で共有ストレージ装置が構成済みであるため、今回は共有ストレージ装置上のデータストアに展開する例を紹介する。

図5 テンプレートからの展開先は異なるデータストアを指定することも可能 図5 テンプレートからの展開先は異なるデータストアを指定することも可能

 それでは実際にテンプレートからの展開処理を実行してみよう。テンプレートの右クリックメニューより、「このテンプレートから仮想マシンのデプロイ」を選択する。

図6 テンプレートから仮想マシンを展開 図6 テンプレートから仮想マシンを展開

 「テンプレートのデプロイウィザード」が起動する。最初に、これから展開・作成される仮想マシンの名前を入力する。ここではwin02という名前を設定している。

図7 展開・作成される仮想マシンの名前を入力する 図7 展開・作成される仮想マシンの名前を入力する

 続いて展開先となるESXホストを指定する。ここでは同じ esx01 を選択している。

図8 展開先ESXホストを指定 図8 展開先ESXホストを指定

 展開先データストアを指定する。先述の通り、ここでは共有データストアを選択している。

図9 展開先データストアを指定 図9 展開先データストアを指定

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。