ニュース
» 2009年05月21日 00時00分 公開

Xeon 5500番台のエントリサーバも:日本HP、大規模仮想化向けx86サーバなどを発表

[三木泉,@IT]

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は5月21日、大規模仮想化インフラ向けのブレードサーバ「HP ProLiant BL685c Generation 6」を発表した。

 BL685c G6はAMD Opteron 8300番台を最大4基搭載できるサーバブレード。メモリ容量やネットワーク性能も強化されている。メモリスロットは32個で、最大256GBを搭載可能。オンボードで4つの10Gbpsイーサネットポートを搭載、これらのポートはFlex-10テクノロジー対応のHPバーチャルコネクトと組み合わせることで、16ポートに分割して使用できる。

 BL685c G6は7月上旬に出荷開始。推奨小売価格は155万8200円。

 同社はまた、インテルのXeon 5500番台を搭載するサーバ製品群に、エントリモデル2機種を追加した。

 新製品はラックマウントサーバ「HP ProLiant DL320 G6」とブレードサーバの「HP ProLiant BL280c G6」。

 DL320 G6はXeon 5500番台を1基搭載する1Uサイズのシングルソケットサーバ。最大メモリ容量は72GBで、前世代の9倍という。また、3.5インチSAS/SATAドライブベイを4つ備えている。

 BL280c G6は、0.6UサイズにXeon 5500番台を最大2基搭載できる。メモリスロットは12個で、最大96GBメモリを搭載できる。また、オンボードで1Gbpsイーサネットインターフェイスを2ポート、PCI Express Gen2対応の拡張スロット(メザニンスロット)を2スロット備える。

 日本HPは同時に、HP BladeSystem専用の拡張ストレージシステム「HP StorageWorks Modular Disk System 600」(MDS600)と、バックアップ用MSLテープライブラリの容量拡張キット「HP StorageWorks MSLライブラリエクスパンションキット」も発表した。

 MDS600は、5Uサイズに70個のSAS/SATAディスクドライブを搭載可能なシステム。オプションの「3Gb SAS BLスイッチ」経由でブレードエンクロージャに接続する。また、オプションの「MDS600 デュアル I/Oモジュールオプションキット」を使用すれば、デュアルポートSASによる「MDS600」の経路冗長化構成が実現できる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。