連載
» 2009年10月09日 00時00分 公開

連載:jQuery逆引きリファレンス:第1回 セレクタ編 (2/25)

[山田祥寛(http://www.wings.msn.to/),著]



「連載:jQuery逆引きリファレンス」のインデックス

連載目次


 取得する要素をid値で指定するには、「#id値」のように指定します。以下は、id値が「msg」である要素の背景をライム色に変化させる例です。

<script type="text/javascript">

$(function() {
  $('#msg').css('background-color', 'Lime');
});

</script>

……中略……

<p id="msg">連載「ASP.NET MVC入門」もよろしく</p>

<div id="my.msg">参考資料「ASP.NETプログラマーのためのjQuery入門」</div>

リスト001 id値で要素を特定(Id.html)
このHTMLを実際にブラウザで開く


ブラウザで開く

リスト001の実行結果

 「$(function() { …… })」については、あらためて以降の回に解説しますが、ページが読み込まれたときに実行されるイベント処理を表します。今後も頻出しますので覚えておくとよいでしょう。

 ちなみに、id値にピリオド(.)やコロン(:)を含む場合、以下のように「\\」でエスケープ処理する必要があるので要注意です(さもないと、後述するクラス/フィルタ指定と誤認識されてしまうからです)。

$('#my\\.msg').css('background-color', 'Lime');

id値にピリオドを含む場合の要素の指定方法
ピリオドやコロンを「\\」でエスケープ処理する。

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。