連載
» 2009年10月20日 00時00分 公開

ネットワークの基礎を学習する CCNA対策講座(23):RIPによるルーティングテーブルの作成 (2/2)

[内藤佳弥子,グローバル ナレッジ ネットワーク]
前のページへ 1|2       

正解

 d

解説

 正解は選択肢dの、トリガードアップデートです。ネットワークがダウンしたときに限らず、再度アップしたタイミングでも送信されます。

RIPの設定コマンド

 ルータにRIPを設定する手順は以下のとおりです。

(1)RIPプロセスを起動する

(2)RIPを設定するインターフェイスを指定する

図3 RIPの設定 図3 RIPの設定

 まず、RIPプロセスを起動するコマンドは以下のとおりです。

RouterA(config)#router rip
RouterA(config-router)#version 2

 router ripコマンドを入力すると、モードはルータコンフィギュレーションモードに変更になります。

 RIPには、バージョン1と2があります。デフォルトではバージョン1が動作します。バージョン2に変更する場合は、version 2コマンドが必要です。

 次にnetworkコマンドを使用し、RIPを設定するインターフェイスを指定します。networkコマンドの引数には、そのルータに直接接続されているネットワークをクラスフルな形式で指定します。

RouterA(config)#router rip
RouterA(config-router)#network 172.16.0.0
RouterA(config-router)#network 20.0.0.0

 ルータAとルータBでRIPを設定後、ルータAのルーティングテーブルは以下のようになります。RIPで学習したネットワーク192.168.1.0は、先頭にRが付いて表示されます。[120/1]のスラッシュの右側の1は、そのネットワークまで到達するためのホップ数です。192.168.1.0/24へは、ルータBを1つ越えれば到達できることが分かります。

RouterA#show ip route
	〜一部省略〜
     20.0.0.0/24 is subnetted, 1 subnets
C       20.1.1.0 is directly connected, FastEthernet0/1
     172.16.0.0/24 is subnetted, 1 subnets
C       172.16.1.0 is directly connected, FastEthernet0/0
R    192.168.1.0/24 [120/1] via 20.1.1.254, 00:00:10, FastEthernet0/1

確認問題3

問題

 図3のルータBにおいて、RIPを設定するコマンドはどれですか。なおRIPのバージョンは1とします。必要なコマンドを3つ選択してください。

a.RouterB(config-router)#network 192.168.1.0

b.RouterB(config-router)#network 20.0.0.0

c.RouterB(config)#router rip

d.RouterB(config-router)#network 172.16.0.0

e.RouterB(config-router)#version 2

正解

 a、b、c

解説

 正解は選択肢aとbとcです。まず選択肢cでRIPのプロセスを起動します。その後、選択肢aとbで、直接接続されているネットワークをクラスフルな形式で指定します。

 172.16.0.0はルータBに直接接続されたネットワークではないので選択肢dは不適切です。選択肢eのversion 2コマンドは、CiscoのルータではデフォルトでRIPのバージョンは1が動作するため、必要のないコマンドです。

筆者プロフィール

内藤佳弥子(ないとうかやこ)

グローバル ナレッジ ネットワーク ソリューション本部に在籍。IT業界でヘルプデスク、ユーザーサポートを経てトレーナーになる。現在は、Cisco認定トレーナーとして、CCNA、CCNPのコースなどのCisco認定トレーニングコース、ネットワーク系オリジナルコースを担当している。グローバル ナレッジ ネットワーク講師寄稿記事一覧はこちら



前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。