連載
» 2009年12月21日 00時00分 公開

連載:jQuery逆引きリファレンス:第3回 トラバーシング編 (5/15)

[山田祥寛(http://www.wings.msn.to/),著]



「連載:jQuery逆引きリファレンス」のインデックス

連載目次


 要素セット(jQueryオブジェクト)からセレクタ式expに合致した要素だけを取り除くには、notメソッドを使います。セレクタ式は、$()関数の場合と同様に、カンマ区切りで複数指定することもできます。

 例えば、以下はすべての<div>要素に対して背景色を黄色に設定し、その後、class属性が「match」でなく、かつ、idが「result」でない<div>要素に対してのみ枠線を適用するサンプルです。filter(exp)メソッドのサンプルと比べてみると、より結果が分かりやすいと思います。

<style type="text/css">
div {
  height:50px;
  width:50px;
  float:left;
  margin-left:10px;
}
</style>

……中略……

<script type="text/javascript">
  $(function() {
    $('div').
      css('background-color', 'Yellow'). // 背景色を設定
      not('.match, #result'). // セレクタ式で絞り込み
      css('border', 'solid 1px Blue'); // 枠線を設定
  });
</script>

……中略……

<div></div>
<div class="match"></div>
<div id="result"></div>
<div></div>

リスト050 すべての<div>要素に背景色を、特定の条件に合致した<div>要素にのみ枠線を適用(Not.html)
このHTMLを実際にブラウザで開く


ブラウザで開く

リスト050の実行結果

 最初から特定の要素だけを操作したい場合には、(notではなく)$()関数で:notフィルタを使って最初から目的の要素を絞り込むべきです。notメソッドは、最初に要素セット全体に対して操作を施し、その後、その中の特定の部分セットに対してのみ操作したいというケースで利用するとよいでしょう。

 filter(exp)メソッドとはちょうど逆の役割を持つメソッドですが、多くの場合、否定を表すnotメソッドは分かりにくいものです。まずはfilter(exp)メソッドを優先して利用することで、より読みやすいコードを記述できます。

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。