連載
» 2010年01月27日 00時00分 公開

OpenGL ESが大変な3Dアプリ開発を楽にするUnityここが大変だよiPhone開発(5)(2/5 ページ)

[高浦二三康, 岩田和宏,株式会社コニット]

3次元空間に描画されているかどうか確かめる

 この段階で実行しても、平たい四角形を正面から見ているだけなので、立体感がありません。そこで、この物体を回転させることで立体感を確かめてみましょう。

ES1Renderer.m  - (void) renderの中
    glMatrixMode(GL_MODELVIEW);
    glLoadIdentity();
 
    //glTranslatef(0.0f, (GLfloat)(sinf(transY)/2.0f), 0.0f);
    //transY += 0.075f;
    
    //  回転させて3D表示を確かめてみる
    static float rotation = 0.0f;
    glRotatef(rotation, 0.0f, 1.0f, 0.0f);
    rotation += 1.0f;

 glRotatefは、視点である(0,0,0)を中心に座標を回転させる役割を担っています。第1引数は回転する角度、第2引数以降は回転の軸となるベクトルを指定する部分です。上の例では、(0.0, 1.0, 0.0)が回転の軸となっています。実行してみましょう。(0,0,0)を中心に回っていると思います。

 ここでは、立体感を確かめるために回転させただけなので、上の3行はコメントアウトしてください。

ピラミッドを描く

 いよいよピラミッドを描いてみようと思います。先に描いた四角形はピラミッドの底面とします。ピラミッドの側面となる4つの三角形を定義しましょう。

ES1Renderer.m  - (void) renderの中
    static const GLfloat squareVertices[] = {
        -0.5f,  -0.33f, -1.0f,
         0.5f,  -0.33f, -1.0f,
        -0.5f,   0.33f, -1.0f,
         0.5f,   0.33f, -1.0f,
    };
    // 三角形の頂点を定義
    static const GLfloat triangleVerticesA[] = {
        -0.5f,  -0.33f, -1.0f,
         0.5f,  -0.33f, -1.0f,
         0.0f,    0.0f, -1.5f,
    };
    static const GLfloat triangleVerticesB[] = {
         0.5f,  -0.33f, -1.0f,
         0.5f,   0.33f, -1.0f,
         0.0f,    0.0f, -1.5f,
    };
    static const GLfloat triangleVerticesC[] = {
         0.5f,   0.33f, -1.0f,
        -0.5f,   0.33f, -1.0f,
         0.0f,    0.0f, -1.5f,
    };
    static const GLfloat triangleVerticesD[] = {
        -0.5f,   0.33f, -1.0f,
        -0.5f,  -0.33f, -1.0f,
         0.0f,    0.0f, -1.5f,
    };
    
    static const GLubyte squareColors[] = {
        255, 255,   0, 255,
        0,   255, 255, 255,
        0,     0,   0,   0,
        255,   0, 255, 255,
    };

 これを使って頂点を生成して描いてみましょう。

ES1Renderer.m  - (void) renderの中
    glVertexPointer(3, GL_FLOAT, 0, squareVertices);
    glEnableClientState(GL_VERTEX_ARRAY);
    glColorPointer(4, GL_UNSIGNED_BYTE, 0, squareColors);
    glEnableClientState(GL_COLOR_ARRAY);
    
    glDrawArrays(GL_TRIANGLE_STRIP, 0, 4);
    
    // ピラミッドの側面を描く
    glVertexPointer(3, GL_FLOAT, 0, triangleVerticesA);
    glDrawArrays(GL_TRIANGLE_STRIP, 0, 3);
    glVertexPointer(3, GL_FLOAT, 0, triangleVerticesB);
    glDrawArrays(GL_TRIANGLE_STRIP, 0, 3);
    glVertexPointer(3, GL_FLOAT, 0, triangleVerticesC);
    glDrawArrays(GL_TRIANGLE_STRIP, 0, 3);
    glVertexPointer(3, GL_FLOAT, 0, triangleVerticesD);
    glDrawArrays(GL_TRIANGLE_STRIP, 0, 3);

 さて、見る方向が悪いので、違う方向から見てみましょう。先ほど実行したときと違って、ピラミッド自体を中心に回転させたいので、一度(0,0,0)までピラミッドを移動させて回転してから、元の位置に戻してあげましょう。

ES1Renderer.m  - (void) renderの中
    // 回転させて3D表示を確かめてみる 
    //static float rotation = 0.0f;
    //glRotatef(rotation, 0.0f, 1.0f, 0.0f);
    //rotation += 1.0f;
    
    // ピラミッドを回転させる
    glTranslatef(0.0f, 0.0f, -1.25f);
    glRotatef(110.0f, 1.0f, 0.0f, 0.0f);
    glRotatef(-10.0f, 0.0f, 0.0f, 1.0f);
    glTranslatef(0.0f, 0.0f, 1.25f);

 これで、ピラミッドがちゃんと表示されたと思います。

OpenGL ESを使ってiPhoneの画面に描かれたピラミッド OpenGL ESを使ってiPhoneの画面に描かれたピラミッド

 ここまでで、OpenGL ESを使ったiPhoneアプリの作成がいかに大変かが、分かったと思います。ここからは、Unityについて解説します。

小っちゃいことを気にしなくてすむ「Unity」とは

 簡単に説明すると、Unityとは開発が簡単になるように設計された、マルチプラットフォームのゲーム開発ツールであり、主要な機能を挙げると、以下のようになっています。

  • WindowsでもMac OS Xでも動く統合型の開発環境
  • DirectXとOpenGLの両方に最適化されたグラフィックスパイプラインを持つ
  • Mayaや3D Studio、XSI、Blenderなどの主要な3Dモデリングツールで制作されたモデルおよびアニメーション簡単にインポートすることが可能
  • 簡単にiPhoneやWii、Web(IEやSafari、Firefoxなど)およびMac OS X、Windowsなどのスタンドアロン環境など、さまざまなプラットフォームにデプロイ(配置)可能
  • Shaders(シェーダ)作成機能もサポートしており、独自にCgやGLSLのシェーダ言語で作成可能
  • 充実したネットワーク機能、物理エンジン機能もあるため、本格的なゲーム制作が可能
  • JavaScriptやC#およびBoo(Python)の3つのスクリプト言語をサポートしている
  • 「Terrains」と呼ばれる地形作成機能(下図参照)があり、3Dモデリングツールがなくてもエディタ上で簡単に地形を作成可能
Unityの「Terrains」と呼ばれる地形作成機能 Unityの「Terrains」と呼ばれる地形作成機能

UnityでiPhoneアプリを作るための準備

ダウンロードとインストール

 Unityのダウンロードページにアクセスし、左下にある「Get Unity iPhone」を選択しUnity iPhone 1.5.1(2010年1月現在の最新バージョン)をダウンロードします。そして、ダウンロードしたUnity iPhone.mpkgをダブルクリックし、インストール手順に従い、インストールします。

 今回は、30日お試しできるトライアル版を使用します。Advanced版が1499ドル、Basic版は399ドルとなっています。筆者の考えでは、この値段で、ここまで有用な機能がそろっているのは、とてもお得な感じがします。頑張って面白いものをドンドン出していけば、元はすぐに取れるかもしれません。

Unityの起動

 完了すると、通常は「Unity iPhone」フォルダがアプリケーションフォルダに作成されます。フォルダ内の「Unity iPhone」を起動しましょう。

30日間試用開始

 [iPhone basic trial]をクリックすると、アクティベーションが実行され、30日間試用可能となります。

 次ページでは、Unityのサンプルを使ってみましょう。iPhoneの実機にインストールもします。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。