連載
» 2010年02月24日 00時00分 公開

Spreadsheets Data APIを使うための基礎知識(2):APIでGoogleスプレッドシートの追加/更新/削除 (1/3)

SaaS形式のさまざまなGoogle Appsを操作するGData APIの1つ、Googleスプレッドシートを操作するSpreadsheets Data APIのJavaライブラリの使い方を基本から紹介する入門連載(編集部)

[能登諭,株式会社トップゲート]

Spreadsheets Data APIでデータ操作が自由自在!

 連載第1回の「GData APIでGoogleスプレッドシートを参照するには」では、環境構築と検索/参照処理について紹介しました。今回は、追加・更新・削除処理について紹介します。具体的には、以下の内容を紹介します。

  • ワークシートの追加・メタ情報の更新・ワークシートの削除
  • 行単位でのデータの追加・更新・削除

 セル単位の操作方法や排他制御については、次回紹介します。また、スプレッドシートそのものの追加や削除は「Spreadsheets Data API」ではなく、「Documents List Data API」を利用する必要があります。こちらについては、次々回紹介する予定です。

 本稿で使うサンプルは、こちらからダウンロードできます。読み進める前にダウロードして自身の環境に設定しておいてください。

Spreadsheets Data APIでワークシートを追加するには

 まずは、ワークシートの追加です。「ワークシート操作」という名前のスプレッドシートを作って、API経由で「てすと」という名前のワークシートを追加してみましょう。Googleドキュメント上で[新規作成]メニューから[Spreadsheet]を選んでください。未保存のスプレッドシートが開いたら、[ファイル]メニューから[名前を変更…]を選び、名前を「ワークシート操作」にしてください。

図1 ワークシート追加前 図1 ワークシート追加前

 APIを使って、このワークシートに以下のように「てすと」という名前のワークシートを追加します。

図2 ワークシート追加後 図2 ワークシート追加後

 では、実際に追加してみましょう。サンプルのWorksheetAdd.javaをコピーし、usernameとpassword変数に自分のメールアドレスとパスワードを設定してください。設定後に実行すると、「てすと」という名前のワークシートが追加されていると思います。

 操作対象のスプレッドシートを取得する部分までの解説は、前回を参照してください。ここでは、ワークシート追加部分のみ解説します。

        // ワークシートを追加
        int rowCount = 10;
        int colCount = 4;
        WorksheetEntry worksheetEntry = new WorksheetEntry(rowCount, colCount);
        worksheetEntry.setTitle(new PlainTextConstruct("てすと"));
        URL worksheetFeedUrl = spreadsheetEntry.getWorksheetFeedUrl();
        service.insert(worksheetFeedUrl, worksheetEntry);
        System.out.println("ワークシートの追加が完了しました。");
WorksheetAdd.javaより抜粋

 ワークシートを追加するには、SpreadsheetServiceのinsertメソッドを利用します。第1引数はワークシートを操作する際のURLです。第2引数は、WorksheetEntryのインスタンスで、このインスタンスにあらかじめワークシートの名前や行数、列数を設定しておく必要があります。

 今回は、行数を10、列数を4としています。そのため「てすと」ワークシートには11行目や5列目以降のセルが存在しません(ワークシート追加後の図を見てください)。また、注意点としては、以下が挙げられます。

  • WorksheetEntryに対して、タイトル、列数、行数を必ず指定する必要がある。指定しない場合は、InvalidEntryExceptionがthrowされる
  • WorksheetEntryのsetTitleメソッドの引数はString型ではなくPlainTextConstruct型である。PlainTextConstructのコンストラクタの引数に名前を指定する
  • 画面上で操作した場合は同じ名前のワークシートを作れないが、API経由の場合は作れてしまうので、要注意

 API経由だと、同じ名前のワークシートが作れる注意点に関してですが、実際にWorksheetAdd.javaを複数回実行すると、実行した数だけ「てすと」という名前のワークシートが追加されます。

 ただし、同じ名前のワークシートを作れるのは追加時のみで、ワークシートの名前を変更する際はエラーになります。ワークシート名が重複するのは混乱の基なので、実際の開発ではワークシートの追加時に自前の重複チェックを入れた方が無難です。

 次ページでは、Googleスプレッドシートのワークシートのメタ情報の更新やワークシートの削除、行単位でデータを追加する方法を解説します。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。