連載
» 2018年03月30日 05時00分 公開

Tech TIPS:Windowsで、diskpartのcleanコマンドを使ってディスクの内容を消去する

Windows OS標準のコマンドだけでディスクの内容を消去したければ、diskpartコマンドを利用する。ディスクを選択後、cleanを実行するとディスクの先頭にある管理領域が消去される。clean allを実行すると、ディスク全体が消去される。

[打越浩幸,デジタルアドバンテージ]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Tech TIPS」のインデックス

連載目次

対象OS:Windows 7/Windows 8.1/Windows 10/Windows Server 2008 R2/Windows Server 2012/Windows Server 2012 R2/Windows Server 2016


 TIPS「ディスクの内容を完全に消去する」では、Windows OSにマウントされているドライブに対して「cipher /w」コマンドを実行し、ディスクの空き領域部分の内容を消去する(バイトデータとして0x00を書き込む)方法を紹介した。

 この方法は、例えばディスクを破棄する前に、重要な情報などを全て消去しておくといった際に便利だ。だがWindows OS上から作業を行うことから、未使用部分しかゼロ消去できない、NTFSボリュームにしか適用できないなど、幾つかの制限がある。

 ディスクの内容を削除するコマンドとして、もう1つ、「diskpart.exe」というコマンドを使う方法もある。これはOSのパーティションを作成/管理するためのツールである(詳細は次のTIPS参照)。

 GUI版の[ディスクの管理]ツールとは異なり、diskpartには「clean」というサブコマンドがある。これを使うと、ディスク先頭にある管理情報(ブートコード、パーティション情報、ディスク署名など)を削除することができるし、Windows OS以外で使っていたディスクでも初期化できる。また、ディスク全体を完全に消去することも可能である。本TIPSではこの方法について解説する。

ディスクを消去するとは?

 PCで使われるハードディスクの先頭には、ディスクのサイズやタイプ(MBRタイプやGPTタイプなど)、パーティション情報、ブートコードなどのデータが記録されている。これらの情報をゼロデータで上書き削除することにより、以前の「使用の痕跡」やディスクの署名情報などを素早く削除できる。書籍で言えば、目次や索引などを削除することに相当する。消去後のディスクを自分で再利用するつもりなら、これだけでも十分だろう。

cleanコマンドによるディスクの消去とは? cleanコマンドによるディスクの消去とは?
diskpartのcleanは、ディスクの内容を消去するコマンド。単に「clean」を実行するとディスクのインデックスとなる部分(先頭と末尾の1MBずつ)だけを消去する。ファイルのデータ部分は残っているため、ディスク全体を調査すると、ファイルのデータを復元されてしまう可能性がある。「clean all」だとディスク全体を全て削除(ゼロデータで上書き)する。元あったファイルのデータ部分やその痕跡も削除できる。

 ディスクを破棄する場合は、ディスク全体にゼロデータなどを上書きして、以前のデータを全て削除するような消去が望ましい。diskpartコマンドではこのタイプの消去も行える。

 なおTIPS「廃棄するハードディスクのデータを完全に消去する」では、消去専用のツールを使ったディスクの消去方法を紹介している。ディスク破棄時の留意事項(上のTIPS内のリンク参照)などに従った消去作業を行いたければ、このようなツールを使うのが望ましい。diskpartのcleanコマンドでは、ゼロデータ書き込みを1回行うだけであるが、専用ツールではデータや書き込み方法を変えて何度か行い、より「完全に」消去できる。

diskpartコマンドを起動してディスクを消去する

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。