連載
» 2010年04月23日 00時00分 公開

連載:jQuery逆引きリファレンス:第6回 イベント編 (3/14)

[山田祥寛(http://www.wings.msn.to/),著]



「連載:jQuery逆引きリファレンス」のインデックス

連載目次


 <event>()メソッドを利用することで、要素セットに関連付いたイベント・リスナを実行することができます。指定可能なイベントは、以下のとおりです(ここでは名称のみをまとめていますので、詳細は<event>(fnc)メソッドを参照してください)。

blur、change、click、dblclick、focus、keydown、keypress、keyup、load、mousedown、mouseenter、mouseleave、mousemove、mouseout、mouseover、mouseup、resize、scroll、select、submit、unload

 以下は、ボタンに関連付いたclickイベント・リスナを、<div>要素をダブルクリックしたタイミングで実行する例です。ここではclickイベントとdblclickイベントを処理しています。

<script type="text/javascript">

$(function() {

  // ボタン・クリック時にダイアログボックスを表示
  $('#btn').click(function() {
    window.alert('ボタンがクリックされました。');
  });

  // <div>要素をダブルクリックしたときに、
  // ボタン・クリックのイベントを発生
  $('#listen').dblclick(function() {
    $('#btn').click();
  });

});

</script>

  ……中略……

<form>
  <input type="button" id="btn" value="クリック!" />
  <div id="listen">ダブルクリックしてください</div>
</form>

リスト092 ボタンに関連付いたイベント・リスナを、<div>要素のダブルクリック時に実行(Run.html)
このHTMLを実際にブラウザで開く


ブラウザで開く

リスト092の実行結果

 [クリック!]ボタンをクリックしても、<div>要素のテキストをダブルクリックしても、同様に「ボタンがクリックされました。」メッセージが表示されることを確認してください。

 <event>()メソッドは、trigger(<event>)メソッドのショートカットでもあります。両者の違いについては、triggerメソッドを参照してください。

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。