連載
» 2010年07月30日 00時00分 公開

連載:jQuery逆引きリファレンス:第9回 Ajax編(後編) (10/10)

[山田祥寛(http://www.wings.msn.to/),著]
前のページへ 1|2|3|4|5|6|7|8|9|10       



「連載:jQuery逆引きリファレンス」のインデックス

連載目次


 $.ajaxSetupメソッドを利用することで、スクリプト共通で利用できるAjaxオプションを定義できます。複数の$.ajaxメソッド呼び出しで共通して利用するオプション、または、そのほかのAjax関連メソッドで利用するようなオプション*については、$.ajaxSetupメソッドを利用することで、コードをすっきりとさせることができるでしょう。

* $.get、$.postなどのメソッドでは、そもそもオプションを指定することができないためです。


 引数optionsには、「キー: 値」のハッシュ形式でオプション情報を指定できます。指定可能なオプション情報については、「Ajax通信を行うには?」の表を参照してください。

 以下には、Ajax関連メソッドで共通して利用できるエラー・ハンドラを定義する例を示します。

<script type="text/javascript">

$(function() {

  // Ajax関連のオプションを定義
  $.ajaxSetup({

    // エラー・ハンドラを定義(エラー時にダイアログ表示)
    error: function(xhr, status, err) {
      alert('エラーが発生しました:' + status);
    }
  });

  // ボタン・クリック時の処理を定義
  $('#btn').click(function() {

    // Ajax通信を実行
    $.get(
      './Nothing.aspx', // 存在しないファイルにアクセス
      function(data, status, XHR) {
        $('#result').html(data);
      } // 成功時には<div>要素に結果を反映
    );
  });
});

</script>

  ……中略……

<form>
  <input type="button" id="btn" value="通信開始" />
  <div id="result"></div>
</form>

リスト130 共通のエラー・ハンドラを定義(AjaxSetup.html)
このHTMLを実際にブラウザで開く


ブラウザで開く

リスト130の実行結果

 ここではアクセスしようとしたNothing.aspxが存在しないので、あらかじめ定義しておいたエラー・ハンドラ(errorパラメータ)が実行され、ダイアログ・メッセージが表示されることが確認できるはずです。

 なお、$.ajaxSetupメソッドで指定しているオプション情報は、あくまでデフォルト値です。個々の$.ajaxメソッドでオプション値を上書きできます。

「連載:jQuery逆引きリファレンス」のインデックス

連載:jQuery逆引きリファレンス

前のページへ 1|2|3|4|5|6|7|8|9|10       

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。