連載
» 2010年08月27日 00時00分 公開

連載:jQuery逆引きリファレンス:第10回 jQuery 1.4編 (14/17)

[山田祥寛(http://www.wings.msn.to/),著]



「連載:jQuery逆引きリファレンス」のインデックス

連載目次


 $()関数に対して、HTML文字列(引数html)とプロパティ情報を表すオブジェクト・リテラル(引数props)を渡すことで、手軽に新規の要素(jQueryオブジェクト)を生成することができます。

 例えば以下は、$()関数で新規に生成した<img>タグをページに追加する例です。

<script type="text/javascript">

$(function() {

  // <img>要素を<body>要素の配下に追加
  $('<img />',
    {
      src: 'http://www.wings.msn.to/books/978-4-7980-2401-1/978-4-7980-2401-1_logo.jpg',
      alt: 'ASP.NET MVC実践プログラミング',

      // スタイルを定義
      css: {
        'border': 'solid 2px Blue'
      },

      // クリック・イベントに対応するリスナを追加
      click: function() {
        window.alert($(this).attr('alt'));
      }
    }
  ).appendTo('body');
});
</script>

リスト143 新規に生成した<img>タグをページに追加(JQueryHtml2.html)
このHTMLを実際にブラウザで開く


ブラウザで開く

リスト143の実行結果

 引数propsのキーとしては、一般的な属性名のほか、イベント名、または、jQueryのメソッド(val、css、html、text、data、width、height、offsetなど)を指定することもできます。

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。