連載
» 2010年10月27日 00時00分 公開

ネットワークの基礎を学習する CCNA対策講座(35):フレームリレーの基本を学習する (1/2)

本連載では、シスコシステムズ(以下シスコ)が提供するシスコ技術者認定(Cisco Career Certification)から、ネットワーク技術者を認定する資格、CCNA(Cisco Certified Network Associate)を解説します。2007年12月に改訂された新試験(640-802J)に対応しています。

[内藤佳弥子,グローバル ナレッジ ネットワーク]

 今回は、フレームリレーについて学習します。フレームリレーは、パケット交換方式のWANサービスの1つです。フレームリレーを使用すると、各拠点間を接続することができます。

 現在では、WANサービスとしてIP-VPNや広域イーサネットが普及していますが、CCNA試験においてはフレームリレーを理解することも重要です。フレームリレーの概要、用語、トポロジ、そしてフレームリレーの設定について学習しましょう。

ネットワークの基礎を学習する CCNA対策講座 各回のインデックス


フレームリレーの概要

 フレームリレーは、各拠点のルータと、フレームリレースイッチの間で動作します。フレームリレーでは仮想回線(VC)を確立してフレームを送信します。フレームリレーで使用されるフレームのヘッダには、DLCIという番号が入ります。

 それでは、フレームリレーで使用される用語を説明します。

図1 フレームリレーの概要 図1 フレームリレーの概要

ローカルアクセスレート

 拠点のルータからフレームリレースイッチまでのアクセス回線の速度です。

仮想回線(VC)

 バーチャルサーキットともいいます。PVC(Permanent Virtual Circuit)とSVC(Switched Virtual Circuit)があります。

 通常、日本のフレームリレー網では、永続的に接続を確立するPVCを使用します。フレームリレーのネットワークを、フレームリレー網といいます。

DLCI(Data Link Connection Identifier)

 VCを識別する番号で、ローカルで意味を持つ番号です。例えば拠点1のルータAでは、DLCI100とDLCI400という番号でVCを識別します。

 ローカルで意味を持つ番号なので、対向側の拠点とDLCIの番号が同じでも異なっても問題ありません。DLCIは一般的に、フレームリレー網を提供するプロバイダが割り振ります。

CIR(Committed Information Rate)

 プロバイダと契約する通信保証速度です。フレームリレー網が輻輳(ふくそう)していても、契約した速度は保証されます。

 フレームリレー網を提供するプロバイダと契約する際に決定する値です。認定情報レートとも呼びます。

Inverse ARP

 リモートルータのIPアドレスに、ローカルのDLCIをダイナミックに対応付けるプロトコルです。

LMI(Local Management Interface)

 ローカル管理インターフェイスと呼びます。拠点のルータとフレームリレースイッチ間でやりとりする信号です。10秒ごとに送信して、ステータス保持などのキープアライブの役割があります。LMIにはCisco、ANSI、Q.933Aの3種類のタイプがあり、対向側とタイプを合わせる必要があります。

 フレームリレーのヘッダには、ローカルDLCI番号と、リモートのIPアドレスが入ります。よって、フレームを送信するルータは、ローカルDLCIとリモートIPアドレスの対応付けを知っておかなければなりません。Inverse ARP、または手動で対応付けを行います。対応付けたものは、フレームリレーマップとして保持します。

確認問題1

問題

 PVCを識別する番号で、ローカルで意味を持つ番号として正しいものはどれですか。1つ選択してください。

a.DLCI

b.IPアドレス

c.Inverse ARP

d.LMI

正解

 a

解説

 正解は選択肢aのDLCIです。Inverse ARPは、ローカルDLCIとリモートIPアドレスを自動的に対応付けるプロトコルです。LMIは、ルータとフレームリレースイッチ間でやりとりする信号で、キープアライブの役割を果たします。

確認問題2

問題

 LMIのタイプとして正しくないものを1つ選択してください。

a.Q.933A

b.ANSI

c.Cisco

d.DLCI

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。