連載
» 2011年01月27日 00時00分 公開

Windowsネットワーク管理者のためのiPhone/iPod touch入門:第7回 iPhone/iPod touchでリモート・デスクトップ接続を行う (3/3)

[小林章彦,デジタルアドバンテージ]
前のページへ 1|2|3       

  次に、独自サーバ・ソフトウェアを利用してリモート・デスクトップ接続を実現する方法について解説する。

VNC対応の「Remoter: Remote Desktop (VNC)」を試す

 Windows標準RDPならば、接続先に特別なソフトウェアのインストールは必要ない。しかし接続先にVNC(Virtual Network Computing)をインストールすると、ローカルとリモートで同時に同じ画面を表示させたままにできる、同じクライアント・ソフトウェアでLinuxなどWindows以外のプラットフォームの遠隔操作も可能になるなど、いくつかのメリットがある。VNCをサポートするサーバ・ソフトウェアは、さまざまなベンダから提供されている。基本的にこれらはすべて互換性があり、異なるベンダのサーバとクライアントを組み合わせた接続も可能である。

 Windows標準RDPの場合と同様、iPhone/iPod touchにはVNCクライアント・ソフトウェアが標準で搭載されていない。そのため、App StoreからVNCに対応したVNCクライアント・ソフトウェアをインストールする必要がある。iPhone/iPod touchのVNCクライアント・ソフトウェアとしては、下表に示したものなどが提供されている。

ベンダ名 iPhone/iPod touch用クライアント
(App Storeへのリンク)
価格
Raf Cabezas Remoter: Remote Desktop (VNC) 115円
iTeleport LLC Jaadu VNC for iPhone / iPad 2900円
MochaSoft Mocha VNC Lite 無料
MochaSoft Mocha VNC 700円
RealVNC VNC Viewer 1200円
主なVNC対応のiPhone/iPod touch用クライアント・ソフトウェア

 iPhone/iPod touchにも無料のVNCクライアントが提供されているが、筆者が試した限り、Raf Cabezasの「Remoter: Remote Desktop (VNC)」(以下、Remoter)は、有料(115円)ではあるが、機能が充実しており、使い勝手もよい。そこで、ここではRemoterを例に設定方法などを解説する。

■VNCサーバをインストールする
 VNCを利用するには、まず接続先となるコンピュータにVNCサーバをインストールしておく必要がある。VNCサーバのインストール方法などについては、「TIPS:UltraVNCでコンピュータをリモート制御する(サーバ編)」を参照していただきたい。またローカル・ネットワーク接続が前提となっているため、インターネット経由ではVPN接続が必要になる。

■Remoterを設定する
 VNCサーバが接続先にインストールできたところで、iPhone/iPod touchにRemoterをインストールしよう。Remoterは、以下のURLをWebブラウザで開き、[iTunesで見る]ボタンをクリックすると、iTunesが起動し、そこからダウンロードできる。その後、iPhone/iPod touchを接続し、iTunesとアプリケーションを同期するとインストールが完了する。また、iPhone/iPod touchのApp Storeで「Remoter」で検索し、直接、ダウンロード/インストールすることも可能だ。

 インストールが完了したら、iPhone/iPod touch上でRemoterを起動し、接続先の設定を行う。まず画面上側中央の[new+]をタップする。[Basic Settings]画面に切り替わるので、ここで「Name(表示名)」「Host Name(ホスト名)」「Password(VNCサーバのパスワード)」を入力する。右上の[Advanced]ボタンをタップすると、ユーザー名や圧縮率、表示色数などが設定できる。設定が完了したら左上の[Save]ボタンをタップし、設定を保存する。

Remoterの接続先の設定画面
ここで接続先(VNCサーバ)のマシン名やパスワードを入力する。
 (1)ユーザー名や圧縮率、表示色数などが設定したい場合は、この[Advanced]ボタンをタップする。

 画面上側中央の[new+]ボタンが、[Start]ボタンに変わるので、ここをタップすると、VNCサーバへの接続が行われる。

Remoterの接続先の選択画面
ここでVNCサーバの接続先を選択し、[Start]ボタンをタップする。複数のVNCサーバが設定されている場合は、[Start]部分をフリック(指で軽く払う操作)するとサーバが切り替えられる。[new+]が表示されたところで、タップすると新規のVNCサーバが登録できる。
 (1)ここをタップすると、VNCをサーバへの接続が開始される。

 接続すると、上下にコントロール用のアイコンが表示される。[マウスの右クリック]アイコン、[マウスのダブルクリック]アイコンなども用意されており、このアイコンをタップしてから画面をタップすると、右クリックやダブルクリックが行われる。[キーボード]アイコンをタップすると、画面にキーボードが表示される。このキーボードには、[Windows]キーや[Alt]キー、[Ctrl]キーなどが用意されているため、IMEのオン/オフなどがキーボードで行える。

Remoterで接続した画面
画面を横にして、接続先のデスクトップを表示したところ。キーボードを表示しているため、画面が見えにくいが、全画面や縮小表示も可能だ。
 (1)切断する場合は、このアイコンをタップする。
 (2)このアイコンをタップすると、画面キャプチャが取れる。
 (3)設定変更は、このアイコンをタップして行う。
 (4)ここをタップすると、画面にタッチパッドが表示される。
 (5)キーボードの表示のオン/オフを行う。
 (6)キーボードには、[Esc]キーなどの入力が用意されている。[...]キーで、キー表示が切り替えられ、[Windows]キーや[Alt]キーなども入力できる。

 いろいろなリモート・デスクトップ環境を試したが、個人的にはVNCサーバとRemoterの組み合わせが最も使いやすいと感じた。社内サーバのリモート・デスクトップとして利用するには、VNCサーバのインストールが必要な点がハードルになると思うが、この点が許されるのであればお勧めの組み合わせである。

VPN不要でインターネット経由の接続が可能なリモート・デスクトップ環境

 ここまでインターネット経由の接続にVPNが必要となるリモート・デスクトップ環境を紹介してきた。実はベンダがインターネット上で公開しているサーバを介することで、インターネット経由でもVPN接続が不要なリモート・デスクトップ・ソフトウェアもある。

 クライアント・ソフトウェアと接続先のコンピュータ上の独自サーバ・ソフトウェアが、それぞれベンダのサーバと接続し、認証することで、インターネット越しでもベンダのサーバを介してリモート・デスクトップ接続が行えるというものだ。

 この方式を採っている主なサーバ/クライアント・ソフトウェアには下表のようなものがある。

ソフトウェア名 ベンダ名 iPhone/iPod touch用クライアント(App Storeへのリンク) 価格
TeamViewer TeamViewer TeamViewer 無料
TeamViewer TeamViewer TeamViewer Pro 1万1500円
Splashtop Remote Desktop Splashtop Splashtop Remote Desktop 230円
LogMeIn LogMeIn LogMeIn Inition 3500円
VPN不要でインターネット経由のリモート・デスクトップが可能な主なソフトウェア

 VPNサーバやルータの設定が不要であるため、手軽にインターネットを介したリモート・デスクトップ環境が構築できるというメリットがある。一方で通信がベンダのサーバを介して行われるため、セキュリティ面で少々の不安が残る。自宅のコンピュータを外出先で操作したいといった場合、ルータなどの設定が不要なことから手軽でお勧めだが、社内のサーバに導入する際にはリスクを十分に検討した方がよいだろう。


 iPhone/iPod touchは、画面サイズが小さいことなどから、リモート・デスクトップ環境のエクスプローラでファイルを操作したり、文字を入力したりするのには難しい面がある。それでも、サーバのログを見たり、電子メールを確認したりする用途では十分活用できる。また、何かの際に手持ちのiPhone/iPod touchでコンピュータを操作できるメリットは捨てがたいものがある。いざという時のために事前にVPNやリモート・デスクトップ接続の設定を行い、iPhone/iPod touch用クライアント・ソフトウェアを用意しておくとよいだろう。


「Windowsネットワーク管理者のためのiPhone/iPod touch入門」のインデックス

Windows管理者のためのiPhone/iPod touch入門

前のページへ 1|2|3       

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。