連載
» 2011年02月04日 00時00分 公開

独学! ORACLE MASTER Gold 11g講座(4):RMANリポジトリを管理する (1/2)

ORACLE MASTER資格の上級に位置付けられる「ORACLE MASTER Gold Oracle Database 11g」。本連載では、Gold試験の頻出ポイントを解説する。確認問題付き。

[岩沢百合子,システム・テクノロジー・アイ]

 前回「RMANによるバックアップの構成」では、RMAN(Recovery Manager)を構成するための永続設定についてご紹介しました。RMANを構成する際は、永続設定の前にRMANリポジトリをどこで管理するかを検討する必要があります。今回は、RMANリポジトリを管理する方法を紹介します。

RMANリポジトリを管理しよう

 RMANリポジトリは、デフォルトでは制御ファイルで管理します。しかし、制御ファイルのリポジトリ情報は、保存期間に制限があります。そのため、リカバリ・カタログを作成して、制御ファイルのリポジトリ情報を保持します。リカバリ・カタログでは、保存期間に制限はありません。よって、永続的にバックアップ情報を保持できます。

ARCHIVELOGモードの場合

RMANの永続設定を構成する

 制御ファイルに保持されるバックアップ情報の保存期間は、CONTROL_FILE_RECORD_KEEP_TIMEで定義します。期間は、デフォルトでは7日間です。

 リカバリ・カタログを作成すれば、制御ファイルのレプリケーション情報を長期にわたって管理が可能です。また、複数のデータベースにおけるバックアップ情報を一元管理できます。さらに、リカバリ・カタログにはストアド・スクリプトを保持することも可能です。


 ただし、忘れてはいけないことがあります。リカバリ・カタログを作成するということはすなわち、“リカバリ・カタログを管理しなくてはならない”ということです。そのため、リカバリ・カタログを作成するメリットが明確にある場合のみ作り、それ以外は制御ファイルを使ったRMANリポジトリ管理で運用することをお勧めします。

ARCHIVELOGモードの場合

RMANリポジトリの構成手順

 まず、リカバリ・カタログ用のデータベースを構成します。このデータベースは、既存のデータベースに間借りしても構いません。ですが、ここでリカバリ・カタログの用途を思い出してください。

 リカバリ・カタログ=障害時に利用するバックアップ情報を保持する

 そのため、できるだけ別サーバで構成した方がいいでしょう。スペックが高いサーバである必要はありません。

 次に、リカバリ・カタログの構成方法について解説します。

(1)リカバリ・カタログ用のデータベース構成、および表領域の作成

SQL> CREATE TABLESPACE rcat_tbs DATAFILE '/u01/app/oracle/oradata/orcl/rcat_tbs01.dbf'
  2  SIZE 15M;
表領域が作成されました。

(2)リカバリ・カタログ用のユーザー作成

 リカバリ・カタログの所有者を作成し、リカバリ・カタログのオーナーとなるために必要なRECOVERY_CATALOG_OWNERロールを付与します。

SQL>  CREATE USER rcatowner IDENTIFIED BY rcatsec
  2  TEMPORARY TABLESPACE temp
  3  DEFAULT TABLESPACE rcat_tbs
  4  QUOTA UNLIMITED ON rcat_tbs;
ユーザーが作成されました。
SQL> GRANT recovery_catalog_owner TO rcatowner;
権限付与が成功しました。

(3)リカバリ・カタログの作成

 リカバリ・カタログを作成するために、リカバリ・カタログ所有者としてRMANに接続し、CREATE CATALOGコマンドを実行します。リカバリ・カタログは、リカバリ・カタログ所有者のデフォルト表領域に作成されます。

 RMAN接続時にリカバリ・カタログへ接続するには、CATALOGオプションを指定します。ターゲット・データベースへの接続はNOCATALOGです(デフォルトはNOCATALOG)。

 $ rman
Recovery Manager: Release 11.1.0.7.0 - Production
Copyright (c) 1982, 2007, Oracle.  All rights reserved.
RMAN> CONNECT CATALOG rcatowner/rcatsec@rcat
リカバリ・カタログ・データベースに接続されました。
RMAN> CREATE CATALOG;
リカバリ・カタログが作成されました。

(4)ターゲット・データベースをリカバリ・カタログへ登録

 $ rman TARGET / CATALOG rcatowner/rcatsec@rcat
Recovery Manager: Release 11.1.0.7.0 - Production
Copyright (c) 1982, 2007, Oracle.  All rights reserved.
ターゲット・データベース: ORCL (データベースID=4236625348)に接続されました。
リカバリ・カタログ・データベースに接続されました。
RMAN> REGISTER DATABASE;
データベースがリカバリ・カタログに登録されました。
リカバリ・カタログの完全再同期を開始しています。
完全再同期が完了しました。
ーゲット・データベースをリカバリ・カタログへ登録
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。