連載
» 2011年03月03日 00時00分 公開

独学! ORACLE MASTER Gold 11g講座(5):RMANバックアップを作成する――2種類のバックアップ (1/2)

ORACLE MASTER資格の上級に位置付けられる「ORACLE MASTER Gold Oracle Database 11g」。本連載では、Gold試験の頻出ポイントを解説する。確認問題付き。

[岩沢百合子,システム・テクノロジー・アイ]

 これまでRMAN(Recovery Manager)の概要、構成、リポジトリをご紹介しました。今回は、バックアップの作成を説明したいと思います。障害に備えたバックアップは大変重要です。RMANではさまざまなバックアップを作成できます。

基本的なバックアップ論

 RMANを使ったさまざまなバックアップ作成方法について紹介する前に、重要なことを説明しておかなくてはなりません。以下は、「基本的なバックアップ論」です。これはRMANであろうが、ユーザー管理であろうが、共通のものです。バックアップ/リカバリは理論です。この理論を正しく押さえることが重要であり、あとはソリューションが違うだけなのです。下記のフローチャートをご覧ください。

フローチャート

 まず、バックアップ方針として、データベースをNOARCHIVELOGモードで運用するかARCHIVELOGモードで運用するかを決定します。

 リカバリによる障害回復を想定する場合には、ARCHIVELOGモードである必要があります。ARCHIVELOGモードでは、オンラインバックアップおよびオフラインバックアップともに可能です。

 ですが、システムによっては、「障害発生直前の状態に戻らなくてもいい」というものも少なくありません。その場合は、無理にARCHIVELOGモードにする必要はありません。NOARCHIVELOGモードで運用し、オフラインバックアップでフルバックアップを取得する運用にするとよいでしょう。

 最近のシステムは、「可用性」を重視するものが多くなっています。NOARCHIVELOGモードはオフラインバックアップのみをサポートしているため、どうしてもデータベースを停止するメンテナンス時間が必要です。その場合は、エクスポート/インポートによる論理バックアップを検討するとよいでしょう。データベース全体のバックアップだけではなく、特定の表領域、スキーマといった部分バックアップも可能です。

RMANのバックアップタイプ

 基本的なバックアップ論が確認できたところで、RMANを使ったバックアップについて確認しましょう。RMANでは、2種類のバックアップタイプをサポートしています。

  • イメージコピー
  • バックアップセット

イメージコピー

バックアップセット

 イメージコピーは、1つのデータファイルに対して1つ作成されます。イメージコピーでバックアップを取得する場合、データベースファイルと同じサイズの領域が必要です。OSコピーによるバックアップ取得と基本的には同じです。違いとしては、次の2点が挙げられます。

  • バックアップ時ブロックチェックをしている点
  • RMANリポジトリに登録される点

バックアップセット

バックアップセット

 バックアップセットは、複数のデータファイルを1つのバックアップセットとして取得します。バックアップセットは論理単位のため、1つのバックアップセットが1つの物理バックアップになるとは限りません。例えば、複数チャネルでバックアップを取得した場合には、1つのバックアップセットに複数の物理バックアップが構成されます。物理バックアップ単位のことを、「バックアップピース」といいます。

 バックアップセットでは圧縮がサポートされるため、領域を節約できます。また、テープ装置にバックアップを取得することも可能です。

バックアップセットの作成

 次に、基本的なイメージコピー/バックアップセットのバックアップ取得方法について解説します。

データベース全体のバックアップ

BACKUP [AS BACKUPSET] DATABASE;

表領域単位のバックアップ

BACKUP [AS BACKUPSET] TABLESPACE 表領域名;

データファイル単位のバックアップ

BACKUP [AS BACKUPSET] DATAFILE {ファイルパス|ファイル番号};

イメージコピーの作成

データベース全体のバックアップ

BACKUP [AS COPY] DATABASE;

表領域単位のバックアップ

BACKUP [AS COPY] TABLESPACE 表領域名;

データファイル単位のバックアップ

BACKUP [AS COPY] DATAFILE {ファイルパス|ファイル番号};

 では、EXAMPLE表領域とUSERS表領域をバックアップする例を確認しましょう。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。