連載
» 2011年03月04日 00時00分 公開

理系学生のための「就活」お悩み相談室(10):頑張ったのは麻雀だけ。自分には長所なんてありません (1/2)

いよいよ就職活動が本格化する。面接や自己分析などがうまくいかなくて、悩む場面も多くなるだろう。学生相談を担当するカウンセラーが、就活生の悩みに答える。

[松浦慶子,@IT]

「就活のお悩み」総まとめ

 本連載ではこれまで、下記のような就職活動にまつわる悩みについて、考え方を紹介してきました。

 誰もが就職活動中、一度は感じる悩みばかりだったのではないでしょうか。

 本連載では、学生の悩みに対して「あなたが否定的に感じている体験は、肯定的な体験に変えられる」ことを繰り返し、お伝えしてきました。今回は、就職活動にまつわる悩み相談の「総まとめ」を行います。これまでわたしが会った学生の例を踏まえつつ、カウンセラーとしてのアドバイスを紹介します。

「自分には長所なんてありません」

 就職活動中の悩みを克服していくポイントは、下記のようにまとめられます。

  1. 普段の日常生活を思い浮かべ、自分の長所や個性を捉える
  2. 否定的体験は、肯定的体験に変えられるということに気付く
  3. 過去の体験からくる否定的な自己イメージは、変えられることに気付く
  4. 自分の本質をしっかり捉え、表面的でない自己分析に到達する

 今回は、「自分の特徴や長所をどう見つけ出し、表現するか」について、おさらいしてみましょう。

 就職活動で「自分の長所を挙げてください」といわれると、ありきたりな答えになりがちです。特に、正確性を重んじる傾向にある理系学生は、下記のような傾向にあるようです。

 自己分析のフレーズを記憶して同じことを繰り返しいう
 ↓
 違和感を覚えて恥ずかしく感じる
 ↓
 自己アピールが消極的になってしまう

 さて、「長所」といわれたとき、自分の肯定的な面、自分のいいところばかりに注目していませんか。いいところを必死で探して「ない! ない!」と慌てている学生によくお会いします。ですが、急に自分の長所を探そうと思ってもうまくいきません。なぜなら、あなたの長所は、日常生活の中に“原石”のままでごろごろ転がっているからです。

 「個性的で相手を納得させるものではなくては……」と自己アピールをかたく考えず、まっすぐに自分を見つめることから始めましょう。

 まず、あなたの生活の様子を思い返してください。以下の点で思い当たることがありますか。

  • 毎日あるいは長年、淡々と続けていること
  • 人が「つらい」といっているのに、あまり苦痛でないこと
  • 生活の中で、ちょっとした工夫をするのが楽しみになっていること

 これらに当てはまったものを、思い切ってあなたの「1つの才能」と考えてみるのです。

 その才能で、何か少しでも人や社会の役に立ちそうなことがあるとすれば、どんなことでしょうか。考えてみてください。

 最後に、「自分はどんな人間である」といえるか、結論づけてみましょう。

 自分は、【     】というような人間かもしれない。

 わたしが出会った学生の具体例を紹介します。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。