連載
» 2011年06月08日 00時00分 公開

Facebook Graph API活用iPhoneアプリ開発入門書籍転載:Facebook SDK for iOSアプリ開発ガイド(1)(1/3 ページ)

[郷田まり子,株式会社鳥人間]

Facebookのソーシャルグラフを扱うiOSアプリを作る

 「Facebook SDK for iOS」は、iOSiPhoneiPadiPod touch)用のSDKで、Objective-Cで書かれています。本企画では、iOSアプリケーションにFacebook連携機能を盛り込むことを想定し、前後編にわたり、以下の方法を解説します。

本企画は、アスキー・メディアワークス刊行の『facebookアプリケーション開発ガイド』のうち「第15章 iOSアプリケーションの開発」の一部を、同社の許可を得て転載するものです。

なお、 Web記事として転載するに当たり、@IT向けに編集し若干表現を変更している点があります。その点ご了承ください。


 iOSアプリケーション開発の基礎については、すでに習得済みであることを前提として話を進めます。iOSアプリ開発の基礎については、以下の連載をご覧ください。

Facebook SDK for iOS利用の準備

 まずは、SDKをダウンロードします。Facebook SDK for iOSは「github」上で公開されています。このSDKはApache License, Version 2.0で配布されています。以下のコマンドでgitを使うか、もしくはWebサイトから圧縮ファイルを取得して解凍します。

$ git clone git://github.com/facebook/facebook-ios-sdk.git
図1 Webサイトからダウンロード 図1 Webサイトからダウンロード

デモアプリケーションを体験してみたい方へ

SDKのディレクトリの中には「DemoApp」というディレクトリがあり、そこにサンプルアプリケーションが入っています。このサンプルをビルドすると、OAuthやGraph APIの利用など、いくつかのデモが見られるので、開発の参考になります。

ビルドの前に、あなたのアプリケーションに合わせて2個所書き換える必要があります。まず[Resources]→「DemoApp-Info.plist」を開き、「Information Property List」→「URL type」→「Item 0」→「URL Schemes」→「Item 0」の値を【あなたのアプリケーションのID】に変えます。

図2 DemoApp-Info.plistの編集 図2 DemoApp-Info.plistの編集

アプリケーションのIDについては、以下の記事をご覧ください。


「URL types」を編集することの意味については、後述します。変更が必要な、もう1つのファイルは「Classes」→「DemoAppViewController.m」です。ここで、以下のようにNSString型の定数「kAppId」を定義している行があります。

static NSString* kAppId = nil;

ここをアプリケーションIDに変更します。

static NSString* kAppId = @"XXXXXXXXXX";

これをビルドすると、以下のようなデモアプリケーションができます。

図3 ログインボタン 図3 ログインボタン
図4 SafariでOAuth画面が開く 図4 SafariでOAuth画面が開く
図5 さまざまなAPIのテストができるボタン 図5 さまざまなAPIのテストができるボタン

 自分で一からアプリケーションを作るために、以下の手順でSDKの準備をします。

 アプリケーションがXcodeで開かれている状態で、「src/facebook-ios-sdk.xcodeproj」プロジェクトをXcodeで開きます(2つのプロジェクトが開かれる状態になります)。

 「facebook-ios-sdk」プロジェクトの「FBConnect」というフォルダを、追加先アプリケーションの[グループとファイル]カラムにドラッグ&ドロップします。

図6 FBConnectフォルダをドラッグ&ドロップ 図6 FBConnectフォルダをドラッグ&ドロップ

 この際、プロジェクトディレクトリにSDKのソース一式をコピーしたい場合は[デスティネーショングループのフォルダに項目をコピーする]にチェックを入れ、そうではなく参照としてプロジェクトに追加したい場合は、チェックを外してください。

 ヘッダファイルに以下のように書けば、SDKをインポートできます。

#import "FBConnect.h"

 また、OAuth画面を開く方法として「アプリケーション内でUIWebViewをポップアップさせる方法」「SafariでOAuthページを開く方法」の2通りありますが、後者を利用する場合には、独自のURLスキームの設定が必要です。次ページで、その使い方をコードを交えて解説します。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。