連載
» 2011年07月07日 00時00分 公開

iOSからFacebook APIを使ってWallに投稿するには書籍転載:Facebook SDK for iOSアプリ開発ガイド(2)(3/3 ページ)

[郷田まり子,株式会社鳥人間]
前のページへ 1|2|3       

ダイアログを利用した投稿

 フィードの投稿を、ポップアップダイアログを使って行うこともできます。

図5 ポップアップダイアログを使ってフィードを投稿 図5 ポップアップダイアログを使ってフィードを投稿

 Facebook.requestWithGraphPathを使って投稿するコードを少し改造し、ダイアログから投稿するようにしてみます。ユーザーは、どのような内容が投稿されるかをおなじみのUIで事前に確認できます。

 HelloFbViewController.hのクラス宣言部分です。ダイアログ関係のイベントをハンドルするために、FBDialogDelegateを実装します。

@interface HelloFbViewController : UIViewController <FBSessionDelegate, FBRequestDelegate,
FBDialogDelegate,  UITextFieldDelegate> {

 そして、次のように新しいIBOutletを追加します。

-(IBAction) postMessageWithDialog: (id) sender;

 新しく追加したIBOutlet「postMessageWithDialog」をボタンで呼び出せるようにします。HelloFbViewController.xibを開いてUIButtonを追加し、アクションを接続します。

図6 追加したボタン 図6 追加したボタン

 ボタンを押したときに呼び出される、postMessageWithDialogメソッドの実装です。NSMutableDictionary型のパラメタを生成し、Facebook.dialogメソッドを呼び出しています。まずは、メッセージのみの単純なデータをPOSTしてみます。

-(IBAction) postMessageWithDialog: (id) sender {
    NSMutableDictionary* params = [NSMutableDictionary dictionaryWithObjectsAndKeys:
                                   messageField.text,  @"message",
                                   nil];
    
    [facebook dialog:@"stream.publish"
           andParams:params
         andDelegate:self];
    
}

 これを実行してみます。ダイアログを表示し、「Publish」ボタンで投稿します。

図7 実行画面 図7 実行画面

 今回使ったFeed Dialogには、他にもさまざまなパラメタを指定することで、公開範囲やアタッチメントなどを細かく設定できます(参考:Feed Dialog - Facebook開発者)。

 先ほどの例を少し変更して、プライバシー設定とアタッチメントを付けてみます。

 FB.requestWithGraphPathと同様、2階層以上のパラメタを渡す場合、JSON文字列に変換して渡す必要がありますので、注意してください。ここでは、json-frameworkを利用して、NSArrayとNSDictionaryからなるオブジェクトをNSStringに変換しています。

-(IBAction) postMessageWithDialog: (id) sender {
    NSDictionary *privacy = [[[NSDictionary alloc] initWithObjectsAndKeys:
                              @"CUSTOM",@"value",
                              @"SELF",@"friends",
                              nil]autorelease];
    NSDictionary *img = [[[NSDictionary alloc] initWithObjectsAndKeys:
                          @"image",@"type",
                          @"http:////www.example.com/img/bird.png",@"src",
                          @"http:////www.example.com/",@"href",
                          nil]autorelease];
    NSDictionary *attachment = [[[NSDictionary alloc] initWithObjectsAndKeys:
                                    @"すずめ",@"name",
                                    @"http:////www.example.com/",@"href",
                                    @"かわいいすずめです",@"description",
                                    [[[NSArray alloc]initWithObjects:img,nil]autorelease],
                                    @"media",nil]autorelease];
    NSArray *attachmentList = [[[NSArray alloc]initWithObjects:attachment, nil] autorelease];
    NSLog([attachmentList JSONRepresentation]);
    NSMutableDictionary* params = [NSMutableDictionary dictionaryWithObjectsAndKeys:
                                   messageField.text,  @"message",
                                   [attachment JSONRepresentation],@"attachment",
                                   nil];
    
    [facebook dialog:@"stream.publish"
           andParams:params
         andDelegate:self];
    
}
HelloFbViewController.m

 これを実行してみます。投稿ダイアログにも、添付した画像が表示されます。

図8 メッセージの投稿 図8 メッセージの投稿
図9 投稿されたメッセージ 図9 投稿されたメッセージ

 Facebook.dialogメソッドを使うと、同じような要領でアプリケーションからのリクエストを送信することもできます。

        NSMutableDictionary *params = [[[NSMutableDictionary alloc]init]autorelease];
        [params setObject:@"Hello Request Dialog!" forKey:@"message"]; 
        [params setObject:targetUserId forKey:@"to"]; 
        
        [facebook dialog:@"apprequests" andParams:params
                 andDelegate:self];
図10 リクエストを送信 図10 リクエストを送信

本企画は、アスキー・メディアワークス刊行の『facebookアプリケーション開発ガイド』のうち「第15章 iOSアプリケーションの開発」の一部を、同社の許可を得て転載するものです。

なお、 Web記事として転載するに当たり、@IT向けに編集し若干表現を変更している点があります。その点ご了承ください。


著者紹介

株式会社鳥人間

郷田まり子(ごうだまりこ)

1980年東京生まれ、プログラマ。建築製図から人工衛星観測まで、ユーザーに驚きをもたらす数々のWebサービスを実装してきたs。現在、創業二年社員二名の株式会社鳥人間にて、主にWeb開発案件を手掛ける。本業の傍ら、目新しくて面白そうな物にはとりあえず飛びついてハックしている


前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。