連載
» 2011年08月08日 00時00分 公開

Flashでできる! iOSアプリ制作入門(2):WindowsでiOS開発ができるFlash Builderの基礎知識 (1/3)

Androidアプリも容易に作れるFlexベース開発ツール最新版の基本的な機能を紹介し、それを使ったアプリ開発の仕方を解説します。

[有川榮一,AKABANA/クラスメソッド株式会社]

Macを使わずiPhone/iPadアプリ開発を始めるには

 今回は、Flash Builder 4.5.1を使ったiOS(iPhone/iPad/iPod touch)アプリ開発に焦点を当てて説明します。iOSアプリ開発における作業の手順をプロジェクト作成からリリースビルドまで説明します。

Flash Builder 4.5.1

 Flash Builderを使ってiOSアプリを開発するためには、バージョン4.5.1が必要です。 バージョンが少し下がるものの、基本的な機能は共通なFlash Builder 4.5/4の詳細や評価版のダウンロード・インストールの仕方は、下記記事を参照しておいてください。

Flash Builder 4.5でAndroidアプリを作ってみた
Flashアプリ開発ツールのスマホ向け新機能を試す 簡単なアプリを作りながら、リモートデバッグ機能やテンプレート、ローテーション対応などさまざまな機能を紹介します 「Smart & Social」フォーラム 2011/5/11

Flash Builder 4でAdobe AIRアプリを作ってみた
業務用Flashアプリ開発ツールの新機能を試す 新機能の目玉「データ中心型開発」とは何なのか?簡単なRSSリーダーのサンプルを作りながら、新機能をイロイロ紹介 リッチクライアント & 帳票」フォーラム 2010/3/24

 または、既存のFlash Builder 4.5を使っている場合は、Flash Builder 4.5.1アップデータを適用する必要があります。

Flash Builder 4.5.1ならAIR 2.6に加え、AIR 2.7の一部機能も使えるが

 Flash Builder 4.5.1には、前回の「iPhone/iPadアプリ開発の扉を開くAdobe AIR 2.6とは」で紹介したAdobe AIRのバージョン2.6やFlex 4.5.1が組み込まれています。併せて前回記事も参照しておいてください。

 さらにFlash Builder 4.5.1には、6月15日にリリースされたAIR 2.7iOS向け高速パッケージング機能のみ使えるようになっています。詳細は、後述の「Windows上でできるiOSアプリの実行/デバッグ」をご参照ください。

 ちなみに、Flash Builder 4.5.1でiOS向け高速パッケージング機能以外のAIR 2.7ならではの新APIを使うには、AIR 2.7のSDKをFlash Builderに手動でインストールする必要があります。詳細は、以下の記事をご参照ください。

iOS開発用証明書とプロビジョニングプロファイル

 iOSアプリを開発するためには、iOS開発用証明書とプロビジョニングプロファイルが必須です。これらは、「iOS Dev Center - Apple Developer」で開発者登録を行い、「iOS Provisioning Portal」から取得してください。

 詳しくは、「Adobe Flash Platform * iPhone開発ファイルの入手と操作」を参照してください。

Mac OS X端末、iOS SDK、Objective-Cは不要になる

 Flash Builderに限らず、Flash CS 5.5やDreamweaver CS 5.5などにもいえることですが、開発にMac OS X端末とiOS SDK、そしてObjective-C言語の学習は必要ありません。これまで「iOSアプリを作るには、Mac OS X端末を購入する必要があるから、ちょっと……」「Objective-Cを学ぶのが難しそう」と躊躇していた開発者・デザイナには嬉しいツールといえるのではないでしょうか。本稿では、Windows端末上でiOSアプリが作られていく様子を紹介します。

 上記環境での開発がどんなものかをのぞいてみたい方は、少し古いですが下記記事を参照してください。

iOSでも使えるモバイルプロジェクト用テンプレート

 Flash Builder 4.5.1でiOSアプリを開発するためには、記事「Flash Builderで始めるAndroidアプリ開発“超”入門」で紹介したAndroidアプリ開発と同様にモバイルプロジェクトを作成して開発を始めます。モバイルプロジェクトはモバイルアプリを開発するために必要となるプロジェクトです。ActionScriptとFlexフレームワークを使って開発できます。

 Flash Builder 4.5.1では、Flexモバイルプロジェクト用に3種類のモバイルアプリケーションのテンプレートが用意されています。

 本稿では、AtionScriptモバイルプロジェクトではなく、Flexモバイルプロジェクトについて詳しく説明します。「Flexモバイルプロジェクト」はFlex SDKのモバイル機能とモバイルコンポーネントを使って開発するためのプロジェクトです。Flash Builder 4.5.1から、このFlexモバイルプロジェクトを使ってiOSアプリが開発できます。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。