連載
» 2011年10月13日 00時00分 公開

Silverlightベースで作るWP7アプリ開発入門(5):Windows Phoneアプリ開発情報“まとめ”とプロトタイピング (2/3)

[泉本優輝,WP Arch]

SketchFlow for Windows Phoneとは

 SketchFlowは、いわゆるペーパープロトタイピングをWebブラウザ上で行い、そのフィードバックを開発にスムーズに反映できるツールです。プロトタイピングしたものが、そのままアプリへと昇華できるのは、素早い開発が求められる昨今では有効だと思われます。

 また、アプリの画面構成などをWordファイルに出力できます。ファイルから[Microsoft Wordにエクスポート]をクリックすれば簡単にdocファイルを出力できます。アプリケーションを説明する際などに便利に使えます。

Wordに出力されたアプリケーション構成1 Wordに出力されたアプリケーション構成1
Wordに出力されたアプリケーション構成2 Wordに出力されたアプリケーション構成2

 SketchFlowに関しては、以下の記事も参考にしてください。

SketchFlowをWindows Phone用に使うには

 SketchFlowを使うための環境を整えましょう。まずWindows Phone用のSketchFlow Templateをダウンロードします。


 ダウンロードできたらインストールしましょう。

SketchFlow Template for Windows Phoneインストール完了 SketchFlow Template for Windows Phoneインストール完了

 このSketchFlow Templateは英語版のExpression Blendのテンプレートフォルダにインストールされます。そのため、日本語の開発環境のみインストールしている場合は、テンプレートフォルダをコピーする必要があります。

  • C:\Program Files (x86)\Microsoft Expression\Blend 4\ProjectTemplates\en\CSharp\WindowsPhone
    • csWindowsPhonePrototype.zip
  • C:\Program Files (x86)\Microsoft Expression\Blend 4\Templates\en\CSharp\WindowsPhone
    • SketchFlowCompScreen.zip
    • SketchFlowNavScreen.zip

 この「en」が「ja」になっている以下のフォルダにコピーします。

  • C:\Program Files (x86)\Microsoft Expression\Blend 4\ProjectTemplates\ja\CSharp\WindowsPhone
  • C:\Program Files (x86)\Microsoft Expression\Blend 4\Templates\ja\CSharp\WindowsPhone

 Expression Blendを開くと、「Windows Phone SketchFlow Application」が表示されました。

新しいプロジェクトに追加された「Windows Phone SketchFlow Application」 新しいプロジェクトに追加された「Windows Phone SketchFlow Application」

SketchFlowプロジェクトの作成

 実際に、「Windows Phone SketchFlow Application」プロジェクトを作成すると、いままでとは少し違ったExpression Blendが起動します。

SketchFlowプロジェクトのデフォルト画面 SketchFlowプロジェクトのデフォルト画面

 SketchFlowでは、その名前の通り、まるでスケッチのようなコントロールが利用されます。これは「あくまでプロトタイプの画面です」ということを表しています。

SketchFlowコントロールで表示されたWindows Phone SketchFlowコントロールで表示されたWindows Phone

 また、SketchFlowでは画面ごとのマップが表示されます。

SketchFlowマップ SketchFlowマップ

 このパネルでは、アプリケーション全体の画面遷移を視覚的に確認したり、右クリックで画面を増やしたりすることが可能です。また、各画面で使われている共通コンポーネントもこのマップで表示されます。

 次ページでは、さらにSketchFlowを使いこなします。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。