連載
» 2011年10月31日 00時00分 公開

@IT自分戦略研究所 資格辞典:Linux技術者認定試験(LPIC) レベル2(Linux Professional Institute level2)

[@IT自分戦略研究所編集部,@IT]

概要

 Linux技術者認定試験(LPIC)とは、エルピーアイジャパンが実施するLinux技術者のスキルを認定する資格。世界共通の国際認定制度である。

 技術者のスキルに応じた、レベル1〜レベル3までの3段階のレベルを設けている。

 レベル2は、Linuxのシステムデザイン、ネットワーク構築が行えるエンジニアとして認定する。Linuxシステムの企画、導入、維持、トラブルシューティングの知識を問う。

 試験は、コンピュータを用いたCBT方式とペーパーテスト(団体受験用)がある。問題は、マウスによる選択方式がほとんどだが、キーボード入力問題も多少、出題する。実技や面接はない。

 試験時間は「201試験」「202試験」ともに90分。試験両派それぞれ1万5750円。

合格条件

 前提資格として「LPICレベル1」が必要。

 レベル1を取得せずにレベル2を受験することは可能だが、レベル1を取得するまではレベル2の保有を認可されない。

 レベル2を取得するためには、「201試験」と「202試験」の2試験に合格すること。合格の順番は問わないが、両試験を5年以内に合格しなければならない。

試験内容

●201試験

  • Linuxカーネル
  • システムの起動
  • 高度なストレージ管理
  • システムの保守
  • ドメインネームサーバ

●202試験

  • Webサービス
  • ファイル共有
  • ネットワーククライアントの管理
  • 電子メールサービス
  • システムのセキュリティ
  • トラブルシューティング

資格の有効期限

 LPICは、「認定日から5年以内」という期限がある。期限内に再認定の手順を踏むことで、「ACTIVE」な認定ステイタスを維持できる。再認定のためには、認定レベルの最新バージョンの試験を受験し、合格することが必要。なお、期限を過ぎると認定ステイタスが「INACTIVE」となるが、資格が無効になるわけではない。

※ACTIVEとは……「有意性あり=現役」であること意味する。資格が「INACTIVE」になるとはすなわち、過去にはスキルを保有していたが、今はそのスキルが現役のシステム設計・開発・維持にマッチしないことを意味する。

 「レベル1と2」など、複数レベルのLPIC認定を所持している場合、上位レベルの認定日から5年以内に、上位レベルの試験を受験し再認定を受けると、下位も合わせて再認定される。その後5年間は、保持するすべてのレベルが「ACTIVE」となる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

編集部からのお知らせ

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。