連載
» 2011年10月31日 00時00分 公開

@IT自分戦略研究所 資格辞典:Linux技術者認定試験(LPIC) レベル3(Linux Professional Institute level3)

[@IT自分戦略研究所編集部,@IT]

概要

 Linux技術者認定試験(LPIC)とは、エルピーアイジャパンが実施するLinux技術者のスキルを認定する資格。世界共通の国際認定制度である。

 技術者のスキルに応じた、レベル1〜レベル3までの3段階のレベルを設けている。

 レベル3は、Linux、Windows、UNIXなどの混合環境や、高負荷に耐えうる大規模システムの構築ができるエンジニア、ネットワーク構築や高度なセキュリティ技術をもつエンジニア、仮想化システムや高可用性システムを構築できるエンジニアとして認定する。

 試験は、コンピュータを用いたCBT方式。問題は、マウスによる選択方式がほとんどだが、キーボード入力問題も多少、出題する。実技や面接はない。

 試験時間はすべて90分。試験料は「301試験」が3万1500円。「302試験」「303試験」「304試験」が2万1000円。

合格条件

 前提資格として、「有効なLPICレベル2」が必要。

 レベル3は、基本認定「Core」と、各分野の最高技術レベルのスペシャリストを認定する「Specialty」の2段階がある。

 まずは、「301試験(301 Core Exam)」に合格して「LPIC 3 Core」認定を受ける。その上で、各専門試験である「302試験」「303試験」「304試験」のいずれか1つにに合格すれば、「LPIC レベル3 Specialty」として認定される。

試験内容

●301試験

 大規模システムの構築をするために、Linux環境のキャパシティプランニングを行うこと、リソースの問題のトラブルシューティングのスキルを問う。

  • 概念、アーキテクチャおよび設計
  • インストールおよび開発
  • 設定
  • 使用法
  • 統合と移行
  • キャパシティプランニング

●302試験

 Linux、Windows、UNIXなどによる混在環境のシステム設計や構築、複数のシステムを認証統合できるスキルを問う。

  • 概念、アーキテクチャおよび設計
  • Sambaのコンパイルとインストール
  • Sambaの設定と使用法
  • ユーザーとグループの管理
  • CIFS、NetBIOS、およびActive Directoryとの連携
  • セキュリティとパフォーマンス

●303試験

 セキュアなシステムにするために、システムの脆弱性およびその対策を評価すること、安全性の高いシステム設計やサーバ構築ができるスキルを問う。

  • 暗号化
  • アクセス制御
  • アプリケーションセキュリティ
  • 操作のセキュリティ
  • ネットワークセキュリティ

●304試験

 LinuxとOSSによる仮想化と高可用性技術についての知識、仮想化システムや高信頼性システムを構築、運用できるスキルを問う。

  • 仮想化
  • ロードバランシング(負荷分散)
  • クラスタ管理
  • クラスタストレージ

資格の有効期限

 LPICは、「認定日から5年以内」という期限がある。期限内に再認定の手順を踏むことで、「ACTIVE」な認定ステイタスを維持できる。再認定のためには、認定レベルの最新バージョンの試験を受験し、合格することが必要。なお、期限を過ぎると認定ステイタスが「INACTIVE」となるが、資格が無効になるわけではない。

※ACTIVEとは……「有意性あり=現役」であること意味する。資格が「INACTIVE」になるとはすなわち、過去にはスキルを保有していたが、今はそのスキルが現役のシステム設計・開発・維持にマッチしないことを意味する。

 「レベル1と2」など、複数レベルのLPIC認定を所持している場合、上位レベルの認定日から5年以内に、上位レベルの試験を受験し再認定を受けると、下位も合わせて再認定される。その後5年間は、保持するすべてのレベルが「ACTIVE」となる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

編集部からのお知らせ

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。