連載
» 2011年10月31日 00時00分 公開

@IT自分戦略研究所 資格辞典:ORACLE MASTER Platinum(ORACLE MASTER Platinum Oracle Database 11g)

[@IT自分戦略研究所編集部,@IT]

概要

 ORACLE MASTER Platinum Oracle Database 11gとは、日本オラクルが提供する認定資格「ORACLE MASTER」のうちの1つ。4段階あるORACLE MASTERのうち、最上級レベル。

 データベースのトップレベルのエキスパートとして、高度な技術力を駆使して最適な環境構築や適切な状況対応を行える技術者を認定する資格として位置付ける。

 認定対象の製品バージョンごとに、資格が存在する。最新資格はORACLE MASTER Oracle Database 11g。

 試験料は23万1000円(税込)。2011年12月1日から、24万2550円に値上げする。

 日本オラクルは、ORACLE MASTER Platinumを取得するために必要な最低限のスキルとして、以下の項目を挙げている。

  • Oracle Database技術者としての経験が3〜4年あること
  • バックアップ、リカバリの豊富な経験があること
  • SQLに精通していること
  • Linuxコマンド言語の実践知識があること
  • 以下のOracleモジュールの使用についてのスキル:
    • RMAN utility
    • Oracle Net Manager
    • Oracle Net Configuration Assistant
    • OEM
    • Listener Utility
    • OMS
    • Oracle Password Utility 
    • Database Creation Assistant
    • DGMGRL(for 11g OCM)
  • Oracle Enterprise Managerに習熟していること
  • Oracle Net ManagerおよびOracle Net Configuration Assistantを使用したネットワークの構成に習熟していること
  • Oracle Enterprise Serverテクノロジおよび機能の高度な知識を有し、使用できること
  • オンラインの Oracle ドキュメントを使いこなすことができること
  • Mozilla 1.6ブラウザ・ソフトウェアの使用に習熟していること
  • Oracle Grid Infrastructureに習熟していること(11g実技試験)

合格条件

 ORACLE MASTER Platinumの資格を取得するためには、以下の認定要件を満たさなければならない。

  • ORACLE MASTER Goldの資格を取得していること
  • オラクル認定コース(後述)を2つ以上受講していること
  • ORACLE MASTER Platinum実技試験に合格すること

 合格ラインは未公開。

●オラクル認定コース

 11g Platinum資格認定のためには、「11g Gold、11g Platinum共通対象コース」または「11g Platinum追加対象コース」の中から2つ以上のコースを受講する必要がある。

 ただし、11g Gold資格認定の際に使用したものと同一のコースを、Platinum資格認定には使用できない。

・11g Gold、11g Platinum共通対象コース

  • Oracle Database 11g: RAC 構築と運用 / Oracle Database 11g: RAC 構築と運用 (凝縮版)
  • Oracle Grid Infrastructure 11g R2: クラスタ&ASM管理
  • Oracle Database 11g R2: RAC管理
  • Oracle Database 11g: パフォーマンス・チューニング / Oracle Database 11g: パフォーマンス・チューニング (凝縮版)
  • Oracle Database 11g 新機能 / Oracle Database 11g R2: 新機能
  • Oracle9i技術者のためのOracle Database 11g新機能
  • Oracle Database 11g: 上級 PL/SQL
  • Oracle Database 11g: SQL チューニングワークショップ
  • Oracle Database 11g: Data Warehouse管理
  • Exadata and Database Machine 管理ワークショップ

・11g Platinum追加対象コース

  • ORACLE MASTER 11g Platinum 特訓

試験概要

●ORACLE MASTER Platinum Oracle Database 11g 実技試験

 試験は2日間にわたって行う。試験時間は1日目は9時30分〜18時30分、2日目は9時30分〜19時。

 試験当日は、無作為に専用サーバが割り当てられ、各試験日ともそのサーバをワークステーションとして使用する。

 実技試験では、効果的にデータベースやインスタンス環境を管理する技術、パフォーマンスを保証しながら障害のあるスキルセットをリカバリする技術が問われる。

 障害スキルセットをリカバリできないと、次のスキルセットに影響を及ぼす場合がある。全スキルセットには制限時間があり、各スキルセットごとに採点基準が設定されている。

 出題内容は

  • サーバ設定
  • Enterprise Manager Grid Control
  • データベース可用性の管理
  • データ管理
  • Data Warehouseの管理
  • パフォーマンス管理
  • Grid Infrastructure と ASM
  • Real Application Clusters
  • Data Guard

資格の移行について

 旧バージョンから資格を移行する際には、所定の試験を受験する必要がある。ORACLE MASTER Platinum 10gからORACLE MASTER Platinum 11gへと移行するためには、「ORACLE MASTER Platinum Oracle Database 11g 移行試験」の試験に合格しなければならない。

 移行試験の試験料は11万5500円(2011年12月1日から12万1275円)。試験では、データベース、RMAN、EM、ネットワーク構成、Data Guard、データおよびDWH管理、パフォーマンス管理を問う。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

編集部からのお知らせ

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。