連載
» 2011年12月22日 00時00分 公開

無償ツールでWindows 7の大量導入を大幅に省力化:MDT 2010でWindows 7を無人インストールする(後編) (1/6)

無償のMDTツールを使った展開作業の実際。インストールしたいOSとアプリをMDTに登録してネットワーク・ブートすれば、大量導入も手間いらずだ。

[打越浩幸,デジタルアドバンテージ]
運用
Windows Server Insider


「運用」のインデックス

連載目次

 前編では「Microsoft Deployment Toolkit 2010(以下MDT 2010)」の概要とインストール方法までを紹介した。後編では、実際にクライアントPCにOSをインストールする手順を解説していく。

MDT 2010を使った作業手順

 MDT 2010をインストールすると、管理ツールとして[スタート]メニューに[Microsoft Deployment Toolkit]−[Deployment Workbench]が登録される。これを起動し、[Information Center]−[Getting Started]を選択すると、MDT 2010を使った展開手順のヘルプが表示される。この番号順に進めていけば展開作業が完了する。

MDT 2010管理ツールの起動画面
MDT 2010の管理ツールの起動画面。[Information Center]の[Getting Started]を選択すると、MDT 2010で行うべき作業のガイドと作業フローのチャート(手順1〜10)が表示される。チャート上の文字列をクリックするとMDT 2010のヘルプ・ファイルが開かれ、該当する作業手順のヘルプ・ページが表示される。

 少し分かりづらいので、表にすると次のようになる(用語については後述)。

手順 作業内容
事前の準備
事前準備1 コンポーネントのダウンロードとインストール(これは前編の作業で完了済み)
事前準備2 展開用の共有フォルダを作成する
インストールの準備
手順1 Windows OSイメージや言語パック、デバイス・ドライバ、アプリケーションなどを管理コンピュータに読み込む
参照コンピュータへの展開とイメージのキャプチャ(省略可能)
手順2 参照コンピュータ向けのタスク・シーケンスおよびブート・イメージを作成する
手順3 ソース・ファイルやブート・イメージ、タスク・シーケンスを展開用共有フォルダへ配置する
手順4 手順3の共有フォルダから、PXEなどを使って参照コンピュータをブートする
手順5 展開ウィザードを使って参照コンピュータをセットアップし、そのイメージをキャプチャする(これがマスタとなる)
手順6 キャプチャしたイメージを管理コンピュータに戻す
ターゲット・コンピュータへの展開
手順7 ターゲット・コンピュータ向けのタスク・シーケンスとブート・イメージを作成する。Windows OSの標準イメージか、手順5でキャプチャしたイメージのいずれかを使用する
手順8 新しく作成したソース・ファイルやブート・イメージ、タスク・シーケンスを展開用共有フォルダへ配置し直す
手順9 手順8の共有フォルダから、PXEなどを使ってターゲット・コンピュータをブートする
手順10 ターゲット・コンピュータ上で展開ウィザードを使ってセットアップを開始する。この作業を複数台のターゲット・コンピュータに対して行う
MDT 2010を使ったOSイメージの展開手順
用意したWindows OSやアプリケーションをいったん参照コンピュータ上にインストールし、そのイメージをキャプチャしてマスタとする。参照コンピュータを利用しない場合は、手順2〜6を省略し、最初からターゲット・コンピュータに展開、インストールしてもよい。

 手順が10段階もあって複雑だが、手順2〜6の「参照コンピュータへの展開とイメージのキャプチャ」を行わない場合はシンプルである。MDT 2010をインストールしたサーバ上にまずWindows OSのイメージとインストールするアプリケーションのイメージを用意し、それをPXEブートなどでクライアントへ配布するだけだからだ。PXEブートとは、ブートするOSなどのイメージをPXEサーバ(Windows Server 2008 R2では「Windows展開サービス」に含まれている)からネットワーク経由で取得し、実行する機能である。MDT 2010を使った展開では、PXEブートでまずWindows PE環境を起動し、次にインストールするWindows OSの本体と設定情報をMDT 2010のサーバからファイル共有などを使ってダウンロードする。インストールの終了後は、指定されたアプリケーションのインストール作業が自動的に行われる。

 参照コンピュータを使ったインストールの場合は、いったん参照コンピュータすなわちリハーサル用のコンピュータにOSとアプリケーションをインストールして必要なカスタマイズを行い、そのインストール・イメージをキャプチャし直してMDT 2010に保存する。その後、インストールされたイメージを(複数の)ターゲット・コンピュータに展開する。追加のソフトウェアを各ターゲット・コンピュータ上で個別にインストールせず、あらかじめインストール済みのイメージを展開するだけなので、展開作業は速くなる。ただし参照コンピュータとターゲット・コンピュータのアーキテクチャやシステム構成が大きく異なっているとデバイス・ドライバなどがそのままでは使えない可能性も高くなるし(その場合は手動でデバイス・ドライバをインストールし直す)、インストールするアプリケーションを更新/変更するたびにイメージを作り直す必要があるなど、同一構成のターゲット・コンピュータが大量にある場合以外は使いづらいかもしれない。

 本記事では、参照コンピュータを使わない、一番シンプルなインストール方法を紹介する。

MDT 2010の用語

 具体的な手順の解説の前に、MDT 2010で利用する用語について簡単にまとめておく。

用語 意味
管理コンピュータ MDT 2010をインストールしたコンピュータ(サーバ)。以後の操作はすべてMDT 2010の管理コンソールから行う
参照コンピュータ 展開の対象となるOSイメージを作成するための一時的なコンピュータ。最終的なターゲット・コンピュータとなるべく同じアーキテクチャ/構成のものが望ましい(ターゲット・コンピュータを一時的に利用することも可能)。参照コンピュータ上にOSや追加ソフトウェア、デバイス・ドライバ、パッチ、ユーザー・アプリケーションなどを一度的に導入しておき、そのイメージをキャプチャしてマスタとすると、展開時の再コンフィギュレーション作業などが少なくて済む。ただしこれを利用せず、直接ターゲット・コンピュータ上に展開してもよい
ターゲット・コンピュータ 最終的な展開対象。ターゲット・コンピュータごとにカスタマイズしたイメージ(もしくは構成情報)を送信して、完全無人インストールすることも可能だし、コンピュータ名やネットワーク接続の設定、アカウント設定などを展開時に行う方法(通常のインストールDVDによる個別インストール)のいずれにも対応可能
展開用共有フォルダ 参照コンピュータやターゲット・コンピュータに配布するイメージを保存しておくフォルダ。この中に最終的なインストール・イメージを置き、それを例えばPXEなどを使ってネットワーク経由で配布したり、ネットワーク・ドライブとしてマウントしてネットワーク・インストールしたり、DVD-RやUSBメモリなどにコピーして利用する
タスク・シーケンス ターゲット・コンピュータ上で展開時に行う作業シーケンスを定義したもの。コマンドの実行やソフトウェアのインストール、ネットワークの設定、ディスクのパーティショニング、再起動といった作業を定義できる
MDT 2010の用語


       1|2|3|4|5|6 次のページへ

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。