連載
» 2012年01月10日 00時00分 公開

月刊エンジニアライフ(41):7つの言語、7人の英霊によるコーディング戦争

[@IT自分戦略研究所エンジニアライフ事務局,@IT]

 本音が語れるエンジニア参加型メディア「@IT自分戦略研究所 エンジニアライフ」。日々、ITエンジニアの「生の声」を公開しています。

 さて、2011年12月の新着コラム「月間アクセスランキング」を紹介します。

順位 エンジニアライフ 2011年12月 新着コラム
月間アクセスランキング
1 Fatal/ZERO 第四次コーディング戦争
(terukizm/SEは眠らない ―Fatal / stay night―)
2 ステルス性ヒーロー症候群にご用心
(onoT/Crazy for life(セイカツ イチバン、IT ニバン))
3 「シェリル・ノーム」に学ぶプロフェッショナル仕事
(terukizm/SEは眠らない ―Fatal / stay night―)
4 言語マニアが勧めるプログラミングコンテストまとめ
(哀T戦士/半蔵門の社窓から)
5 横向きドキュメントが気がかり
(Anubis/101回死んだエンジニア)
6 システムと業務の微妙な関係
(山無駄/Innovation “D”)
7 せいこう体験☆ 〜悶々とするエンジニアたちへ〜
(Anubis/101回死んだエンジニア)
8 第12話:“グループ内のトラブルにどう立ち向かう?〜メンバー間の確執”の巻(下)
((株)エムズ・ネット・スクエア講師4人組/新任リーダー明日香のマネージャへの道)
9 日本企業に元気がないぞ!あなたはこの先どうする? パート1 〜こんなに違う 2つの国 〜
(哀T戦士/半蔵門の社窓から)
10 コミット二郎
(terukizm/SEは眠らない ―Fatal / stay night―)
11 事例:パソコンは経年劣化をするんだよ
(麻乃あきら/日々追われるトラブルとその対応方法を考える)
12 プロの使う道具と技
(Anubis/101回死んだエンジニア)
13 DMR REPORT FILE:1 「DMR緊急出動! データベースマイグレーションの謎に迫れ!!」(上)
(terukizm/SEは眠らない ―Fatal / stay night―)
14 資格取得のススメ☆
(terukizm/SEは眠らない ―Fatal / stay night―)
15 とある社会人大学の教育課程(カリキュラム)【前編】
(terukizm/SEは眠らない ―Fatal / stay night―)
16 苦手なメンバーをどうしよう?!“〜コミュニケーションを阻害する要因〜の巻(上)
((株)エムズ・ネット・スクエア講師4人組/新任リーダー明日香のマネージャへの道)
17 new エンジニア()
(じぇね/エンジニア++)
18 ○○しかない人
(Anubis/101回死んだエンジニア)
19 転職時、気持ちは「本命」だけに伝えよう
(アデコ株式会社 人材紹介サービス部/@ITで記事を書いているキャリアコンサルタントの転職コラム)
20 エンジニアの育て方、もしくは放牧のすすめ
(onoT/Crazy for life(セイカツ イチバン、IT ニバン))

プログラマを使役せよ! コーディング戦争

 12月に強烈なデビューを果たしたコラム「SEは眠らない ―Fatal / stay night―)」の「Fatal/ZERO 第四次コーディング戦争」が1位を飾りました。

 コーディング戦争とは、持ち主のあらゆる願いを叶える聖杯をめぐる戦いです。「エスイー」は「プログラマ」を使役してコーディング。「プログラマ」は7つのクラスがあり、各言語にまつわる「英霊」が割り当てられます。

 そして、最後に勝ち残った「エスイー」の願い(定時で帰りたいなど)がかなえられるのです。願いがあまりにも切実ですね。

自己陶酔にひたりながら仕事を抱え込んでいませんか?

 2位には現場にたまにいるちょっと困ったヒーローについて語ったコラム、「ステルス性ヒーロー症候群にご用心」がランクイン。

 ステルス性ヒーロー症候群とは、「自分は周りに嫌われながらも頑張っている」という自己陶酔にひたる状態を指します。

 例えば、「悪者と思われても、嫌われてもいい。それが皆のためになるならば……!」という発想で、黙々と仕事をしている人。この症候群にかかっている人は、理解されないことを栄養源にしているため、とにかく仕事を抱え込みたがる、とonoT氏は指摘します。

 周囲にそういう人がいないでしょうか、あるいは自分自身がうっかり仕事を抱え込んでいませんか?

12月の新規コラムニスト

 12月は、4人のコラムニストがデビューしました。

名前 コラムタイトル コラム内容
麻乃あきら 日々追われるトラブルとその対応方法を考える 誰でも合うトラブル。その一端を紹介し、皆さんは経験しないように……。
じぇね エンジニア++ 技術者として成長し続けるには? という命題に対する試行錯誤
terukizm SEは眠らない ―Fatal / stay night― 新米武装派フリーランスプログラマ男子(0x13歳)
村上勇治 机上で右往左往しながら業務を学ぶITエンジニアのコラム ユースエンジニアリングで日々システム開発に奮闘しています。

日々追われるトラブルとその対応方法を考える

 ユースエンジニアリングに所属する麻乃あきら氏は、システム開発や運用保守におけるトラブル時の対応法について、具体例を用いて解説しています。会話形式を用いた、分かりやすいコラムです。

エンジニア++

 「プログラミングが好きなのでプログラマになった」というじぇね氏。「成長し続けるエンジニアでありたい」「学びたいことがたくさんある」と思いをつづります。現在、通信制の大学で授業を受けているそうです。「エンジニアとしての成長」をテーマにしたコラムの今後に期待です。

SEは眠らない ―Fatal / stay night―

 フリーエンジニアのterukizm氏は、デビュー時に「DMR REPORT」シリーズを6本同時公開という前人未到の記録を打ち立て、読者(と編集部)を驚かせました。心情はまさにこんな感じです。

 ネタ満載のコラムから、社会人大学院に通うことのメリットデメリットについてのコラムなど、幅広い内容を扱っているところが見所です。

机上で右往左往しながら業務を学ぶITエンジニアのコラム

 ユースエンジニアリングの村上勇治氏は、「業務を学ぶ」というテーマでコラムを執筆します。ユーザーが使う業務知識をエンジニアが学び、お互いの価値観を共有しようと、氏は主張します。例えば「棚卸減耗」という単語を知っているか否かで、ユーザーとの会話はまったく違ったものになります。ユーザーと話す機会が多いエンジニアにおすすめのコラムです。


 エンジニアライフでは、独自のRSSを配信しています。コラムニスト一覧から、気になるコラムを探してみるのもよいでしょう。「話題のコラムをチェックしたい」「気になる話題をまとめて読みたい」という方は、エンジニアライフの歩き方をご覧ください。

 エンジニアライフではコラムニストを募集しています。募集対象者は下記の通りです。

  • ITエンジニア(元でも可)
  • ITが好きで、将来はIT業界に就職しようと考えている学生
  • ITエンジニアの採用や教育に関わっている人事・教育担当者

 われこそはと思う方は、コラムニスト募集ページからご応募ください。あなたの、コラムニストとしてのご参加をお待ちしています。


「月刊エンジニアライフ」バックナンバー

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。