連載
» 2012年05月17日 05時00分 公開

Windowsネットワーク時刻同期の基礎とノウハウ(改訂版):第2回 Active Directoryおよびワークグループ環境での時刻同期 (5/5)

[小鮒通成,マイクロソフトMVP]
前のページへ 1|2|3|4|5       

ワークグループ環境で、特定のNTPサーバから優先的に同期する

 Windows Timeサービスでは同期するNTPサーバを複数指定できるが、どのNTPサーバから同期を行うかは動的に変化する。しかしシステムの要件上、通常は指定したNTPサーバから優先的に時刻同期を行い、そのNTPサーバがダウンしている場合のみ別のNTPサーバから時刻同期したい、ということもあるだろう。

 UNIX系のNTPサーバ(ntpd)では「Refer」というオプションで実現できる機能だが、Windows Timeサービスでは直接該当する機能はない。その代わりに、先に紹介した「フォールバック時に利用するNTPサーバ」を指定することで、実質的に同じ動作を実現できる。w32tmコマンドで設定する場合は、次のコマンドを実行後、Windows Timeサービスを再起動する。

w32tm /config /update /manualpeerlist:"dc00.example.com,0x9 ntp.nict.jp,0xa" /syncfromflags:manual /reliable:YES



実行結果 実行結果

 このコマンドの意味は、「NtpServerレジストリ値」で、「通常はdc00.example.comサーバに一定間隔(SpecialPollInterval)で同期する」ことと、「フォールバック(通常のNTPサーバに同期できない)時のみntp.nict.jpサーバにClientモードで同期する」ことを設定している(それ以外に「AnnounceFlagsレジストリ値を5に設定」も行っている)。こうすることで、「通常はdc00.example.comサーバに同期し、できないときはntp.nict.jpサーバに同期」するというふうに動作する。

(4)ドメイン・コントローラのNTPサーバに同期している状態(初期状態) (4)ドメイン・コントローラのNTPサーバに同期している状態(初期状態)
(5)外部のNTPサーバに同期している状態 (5)外部のNTPサーバに同期している状態
(6)ドメイン・コントローラのNTPサーバに同期している状態(復帰状態) (6)ドメイン・コントローラのNTPサーバに同期している状態(復帰状態)

 最初は、今回の検証環境(example.comフォレスト)の「dc00.example.com」に同期しているが(4)、dc00.example.comがネットワークから切断されると「ntp.nict.jp」に同期を行うようになる(5)。そして「dc00.example.com」が復帰すると、最初のように「dc00.example.com」に再度同期を行うようになる(6)。この状況は、Time-Service イベントからも確認ができる。

(4)ドメイン・コントローラのNTPサーバに同期している状態のイベント・ログ (4)ドメイン・コントローラのNTPサーバに同期している状態のイベント・ログ
dc00が切断され、同期が失敗している状態のイベント・ログ dc00が切断され、同期が失敗している状態のイベント・ログ
(5)外部のNTPサーバに同期している状態のイベント・ログ (5)外部のNTPサーバに同期している状態のイベント・ログ
(6)ドメイン・コントローラのNTPサーバに同期している状態のイベント・ログ (6)ドメイン・コントローラのNTPサーバに同期している状態のイベント・ログ

 なお、上記のワークグループ構成のケースでもドメイン環境と同様に、通常同期するNTPサーバと、フォールバック時に同期するNTPサーバの両方に対して、常にポーリングが発生することは避けられない。


 今回は、Active Directoryとワークグループ環境における、Windows Server 2008 R2ドメイン・コントローラの時刻同期機能について解説した。次回は、今回紹介できなかったw32tmコマンドやWindows Timeサービスのレジストリに関する情報を中心に解説する予定である。


「Windowsネットワーク時刻同期の基礎とノウハウ(改訂版)」のインデックス

Windowsネットワーク時刻同期の基礎とノウハウ(改訂版)

前のページへ 1|2|3|4|5       

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。