連載
» 2012年05月29日 10時00分 公開

System Center 2012を試そう(1):System Center 2012の概要とインストール (1/2)

米マイクロソフトはSystem Center 2012を2012年4月に正式リリースした。日本でもこの製品の本格展開が始まり、ユーザーに向けた評価版ダウンロード提供も、5月11日に開始されている。本記事では、System Center 2012が最終的にどのような製品になっているのか、同製品のサーバ/データセンター管理機能の概要を紹介し、評価版をダウンロードして構成する手順についても示す

[@IT編集部,@IT]

System Center 2012は、結局何が変わったか

 米マイクロソフトはSystem Center 2012を2012年4月に正式リリースした。日本でもこの製品の本格展開が始まり、ユーザーに向けた評価版ダウンロード提供も、5月11日に開始されている。本記事では、System Center 2012が最終的にどのような製品になっているのか、同製品のサーバ/データセンター管理機能の概要を紹介し、評価版をダウンロードして構成する手順についても示す。

 System Center 2012は、従来のマイクロソフトのIT管理製品群であるSystem Centerの新バージョンである。これまでのSystem Center製品を含み、さらに新しい製品を追加したものとなっている。従来と大きく違うのは、これらを1つの製品にしたところにある。従来のSystem Center製品群は依然としてそれぞれ別個のプログラムではあるが、統合インストーラが追加され、一括してインストールできるようになっている(選択的なインストールも可能)。System Center製品間の連動性も高まり、運用管理の機能を軸として、製品間を切り替えることを意識することが減り、より透過的に使えるようなものになってきている。

 System Center 2012に含まれるサーバ管理製品は下記のとおり。

  • System Center 2012 Virtual Machine Manager

     仮想化環境管理ツール。仮想マシンのテンプレート管理から実際の仮想マシンの作成、起動、ライブマイグレーションなどを使った管理、稼働監視などを行う。

  • System Center Configuration Manager

     マイクロソフトの管理ツールが「Systems Management Server (SMS)」と呼ばれていたころからの構成管理製品。

  • System Center 2012 Operations Manager

     アプリケーションを中心としたサーバの集中管理ツール。イベント監視、パフォーマンス管理、アプリケーションやサービスの稼働監視、システム診断、管理作業の自動化などの機能を持つ。

  • System Center 2012 App Controller

     アプリケーションオーナーが、System Center Virtual Machine Managerで管理される社内クラウド上のアプリケーションと、Windows Azure上で動く仮想マシンインスタンスを、統合的に管理できるようにするツール。セルフサービスポータルとしての役割を持つ。

  • System Center 2012 Orchestrator

     仮想化環境を中心とした、IT管理プロセスあるいはIT運用ワークフローの自動化ツール。「Runbook Automation」とも呼ばれる機能を提供する。スクリプトによる運用管理作業自体の自動化に、人の関わる承認ワークフローなども組み合わせられる。

  • System Center 2012 Service Manager

     ITサービス管理ツール。ITILのインシデント管理をイメージすればよい。チケットの作成から、実作業の割り振りや作業進捗の確認が行える。管理作業ワークフローを自動化している場合も、自動的にチケットが生成される。

     System Center 2012に含まれるクライアント管理製品は下記のとおり。

  • System Center 2012 Data Protection Manager

     バックアップツール。新たにCDP(継続データ保護)機能が加わった。

  • System Center 2012 Endpoint Protection

     ウイルス対策ツール。以前「Forefront」という名前がついていたものが、System Centerに追加された。

 これらがすべて、System Center 2012という1つの製品に含まれている。個々の機能を個別に購入することはできない。System Center 2012のライセンス体系は、管理対象となるサーバやクライアントを基本単位としている。サーバ管理では、「Datacenterエディション」と「Standardエディション」の、2つのエディションが提供されている。

 この2つは、サーバ1台、2プロセッサまでを1ライセンスと計算する点では共通だ。違いは、管理対象となる仮想マシンの数にある。Datacenerでは、1ライセンスでカバーする仮想マシン数は無制限。一方、Standardエディションでは2つまでとなっている。

Index

System Center 2012の概要とインストール

Page1
System Center 2012は、結局何が変わったか

Page2
「プライベートクラウド管理」がテーマ
論理的な「クラウド」で管理する

評価版のダウンロードとインストール


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。