連載
» 2012年09月28日 00時00分 公開

System Center 2012における「クラウド」の概念と運用System Center 2012を試そう(4)(4/4 ページ)

[森友祐,ネットワールド]
前のページへ 1|2|3|4       

SCACからのクラウドの操作

 クラウドの操作にあたり、VMMコンソールだけでなく、VMMセルフサービスポータルやSCACから直接クラウドを操作することも可能になる。

 本稿ではSCACから、作成したクラウドや仮想マシンを確認する方法を紹介していく。

図26 SCACログイン画面 図26 SCACログイン画面
図27 ユーザーロールの選択 図27 ユーザーロールの選択

 セルフサービスユーザーでログインする。ユーザーロールの選択も行う。

図28 Overview 図28 Overview

 [Overview]ではプライベートクラウドやパブリッククラウドの状態を確認できる。本環境ではすでに[Private Cloud]にVMMサーバーを事前に追加しておいた。

図29 Clouds 図29 Clouds

 以上のようにSCACを使用してクラウドの管理画面の確認が行える。なお、本記事では割愛したがSCACにより、[Library]にある[Templates]などを用いて仮想マシンを新たに展開することも可能である。さらにSystem Center 2012 SP1からはWindows Server 2012 Hyper-Vにも対応し、SCACを用いてWindows AzureのパブリッククラウドからSCVMMで作成したプライベートクラウド間での仮想マシンの移動も可能となる (Windows Server 2012はWindows Azureと完全に同一のプラットフォームとなる)予定である。今後SVCMMに加え、SCACの動向にも注目したい。

本記事のまとめ

 今回の記事ではクラウドの概念とその活用例、SCACとの連携について簡単な一例を紹介してきた。System Center 2012で実現するプライベートクラウド環境統合管理の中での、SCVMMの新しいリソースの管理単位であるクラウドのメリット、及びそのイメージについてご認識いただけたらと思う。

 次回はサービステンプレートの活用による、アプリケーションを実装した仮想マシンのデプロイについて紹介する。

前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。