連載
» 2012年11月07日 18時00分 公開

iOS SDKで始めるObjective-C入門(2):iOSアプリ開発初心者に捧ぐ開発環境Xcodeの概要とインストール (3/4)

[平井祐樹,クラスメソッド]

サンプルプロジェクトを作ってみよう

プロジェクトの作成

 iOSアプリは1つのファイルだけで作るのではなく、複数のファイルを組み合わせて1つのフォルダにまとめたプロジェクトフォルダから作成します。このプロジェクトフォルダはXcodeによって自動的に作成されます。

 早速、サンプルプロジェクトを作ってみましょう。Xcodeの起動画面にある[Create a new Xcode project]を選択します。

図13 [Create a new Xcode project]を選択

テンプレートの選択

 [Choose a template for your new project]と記載されたダイアログが表示されます。XcodeでiOSアプリを作るときは、全く何もないところから一から作るわけではありません。あらかじめ用意されたプロジェクトのテンプレートから、必要な部分だけ修正してアプリを作っていきます。

 ここでは、最も基本的な構造を提供するテンプレートである「Single View Application」を選択します。

図14 「Single View Application」を選択

プロジェクトの情報を入力する

 [Choose a template for your new project]と記載されたダイアログが表示されます。[Product Show Name]に「HelloWorldApp」、[Organization Name]に自分の名前をアルファベット小文字で(例「hirai.yuki」)、[Company Identifier]に「com.sample」を入力します。また、[Devices]としては「iPhone」、[Use Storyboards]と[Use Automatic Reference Counting]にチェックを入れて、[Next]ボタンをクリックします。

図15 プロジェクトの情報を入力

プロジェクトを保存する

 プロジェクトの保存場所を聞かれるので、適当な場所(ここでは、デスクトップを選択します)を選択し、[Create local git repository for this project]のチェックを外したことを確認し、[Create]ボタンをクリックしましょう。

図16 プロジェクトの保存

作成したプロジェクトを起動してみよう

 プロジェクトを作成すると、以下のような画面が表示されます。この状態で作成したプロジェクトを起動してみます。

図17 プロジェクト作成後の画面

 作成したアプリを起動するには、画面左上にある[Run]ボタンをクリックします。

図18 プロジェクトの実行

 画面に「Build Succeeded」と表示され、画面上にiPhoneそっくりな画面が表示されます。今はプロジェクトに何も修正を加えていないので、真っ白な画面が表示されます。

図19 iPhoneシミュレータに真っ白な画面が表示される

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。