連載
» 2012年11月12日 17時35分 公開

System Center 2012を試そう(5):「サービステンプレート」でクラウド環境にSharePointサーバを一気に展開してみよう (4/5)

[森友祐,ネットワールド]

サービスを展開する

 次に実際にサービステンプレートを作成し、サービスを展開する手順について紹介する。

新規にサービステンプレートを作成する

 VMMコンソールに管理者ユーザーでログインし、[ライブラリ]―[テンプレート]―[サービステンプレート]を右クリックし、[サービステンプレートの作成]をクリックする(図10)。

図10 VMMコンソールのホーム画面

 [名前]にサービステンプレート名を入力する(既定では新しいサービステンプレート○○となっている、○○は数字)。4つのパターンから展開したいサービスの形式に応じたサービステンプレートのデザイナーのパターンを選択し、[OK]をクリックする。[リリース]は既定の新規から変更することも可能だ。

 今回はデータベースサーバ、アプリケーションサーバを展開するため、2層アプリケーションを選択した(図11)。

図11 新しいサービステンプレート

サービステンプレートの構成を設定する

 [サービステンプレートデザイナー]が表示される(図12)。この画面から図のデザインを完成させるイメージで各マシン層のVMテンプレートの割り当てや、必要に応じてマシン層や論理ネットワーク、ロードバランサを追加し、コネクタなどを用いることでサービステンプレートを作成することになる。

 今回のサービスの展開でデータベースサーバ、アプリケーションサーバとして使用するVMテンプレートを画面左のVMテンプレートの一覧からそれぞれ第1層、第2層のところにドラッグ&ドロップする。

図12 サービステンプレートデザイナー

 VMテンプレートをドラッグ&ドロップ後、各マシン層の[プロパティ]をクリックし、ハードウェア構成、OS構成、アプリケーション構成、SQL Serverの構成など、サービスを展開する上で必要なパラメーターを再度確認し、設定する(図13)。

図13 マシン層プロパティ

サービステンプレートの保存と検証

 パラメーターの設定後、サービステンプレートデザイナーに戻り、[保存と検証]をクリックすることで、このサービスが展開可能であるかどうかの判断ができる。サービス展開ができない状態であった場合、警告メッセージが表示されるため、再度プロパティの設定を行う必要がある。

 [保存と検証]をクリックし、特に警告メッセージが表示されないことを確認する(図14)。

図14 サービステンプレートデザイナー(保存と検証)

 次に、[展開の構成]をクリックすると、[名前と場所の選択]が表示される(図15)。[名前]にサービスのインスタンス名を入力し、[場所]からサービスを展開する場所を選択できる。なお、場所はクラウドやホストグループ単位での選択が可能となる。今回はクラウドを選択した。

図15 名前と場所の選択

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。