連載
» 2017年12月11日 05時00分 公開

Tech TIPS:.NET Frameworkのバージョンを整理する (1/2)

.NETアプリケーションを利用するには.NET Frameworkのインストールが必要だ。しかし.NET Frameworkには複数のバージョンがあり、対象に応じて適切なバージョンを選ばなければならない。各バージョンの特性や相互の関係、新たな「.NET Standard」「.NET Core」との関係などを整理して解説する。

[島田広道,デジタルアドバンテージ]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Tech TIPS」のインデックス

連載目次

対象ソフトウェア:Windows Vista/Windows 7/Windows 8/Windows 8.1/Windows 10、Windows Server 2008/Windows Server 2008 R2/Windows Server 2012/Windows Server 2012 R2/Windows Server 2016、.NET Framework 1.0/1.1/2.0/3.0/3.5/4/4.5/4.5.1/4.5.2/4.6/4.6.1/4.6.1/4.7/4.7.1


 .NET Framework対応アプリケーション(.NETアプリケーション)を利用するには、対象コンピュータに.NET Frameworkを展開(インストール)する必要がある。

 この展開作業における厄介な問題の一つは、.NET Frameworkに何種類ものバージョンがあって混乱しやすいことだ。展開する.NETアプリケーションに合わせて適切なバージョンの.NET Frameworkを選ばなければならない。そのため、インストール可能なWindows OSのバージョンや展開時の注意点も.NET Frameworkのバージョンごとに把握しておく必要がある。

 そこで本稿では、展開上の注意点に焦点を当てて、.NET Frameworkのバージョンごとの特性などを整理して解説する。また、新たに登場した「.NET Standard」「.NET Core」と、.NET Frameworkとの関係についても触れる。

 インストール済みの.NET Frameworkのバージョンを確認する具体的な方法については、TIPS「.NET Frameworkのバージョンを確認する方法」を参照していただきたい。

.NET Frameworkの各バージョン同士の関係

       1|2 次のページへ

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。