連載
» 2012年11月29日 18時00分 公開

Scala+Play 2.0でWebアプリ開発入門(2):Play 2.0のアーキテクチャとディレクトリ構成の基礎知識 (2/3)

[中村修太,クラスメソッド]

Playアプリの全体アーキテクチャ

 Playアプリにおける全体のアーキテクチャは、アプリケーションサーバを使う一般的なJava EEアプリとは少し違います。クライアントがPlayアプリにHTTPリクエストを送信した場合、最初にPlayフレームワークの提供する組み込みのHTTPサーバ「Netty」(後述)によって受け付けられます。

 HTTPサーバはPlay frameworkにデータを転送し、アプリでレスポンスを生成してクライアントに返します。

リクエスト/レスポンスのイメージ

 先ほど「Playフレームワークの提供する組み込みのHTTPサーバ」と述べましたが、Play 2.0は組み込みのHTTPサーバとして「Netty」を使います。

 Nettyは非同期イベント駆動型のネットワークアプリ用フレームワークで、性能と保守性に優れたアプリを開発できるのが特徴です。このため、Playアプリを動かすためにアプリケーションサーバやHTTPサーバを別途用意する必要はありません。

補足 既存のアプリケーションサーバでPlayアプリを動かしたい場合

 Play 2.0は組み込みのHTTPサーバを持っているのでアプリケーションサーバがなくても動作しますが、Tomcatなどのアプリケーションサーバを使いたい場合もあるでしょう。


 そのような場合にはPlayアプリをwarにパッケージングしてデプロイすればいいのですが、Play 2.0ではwarパッケージングはサポートされていません(2.1でサポートする予定になっているようです)。しかし、warファイルを作成するプラグインを使うことで、既存のアプリケーションサーバでPlayアプリを動かせます。


 現状、Play 2.0を既存のアプリケーションサーバで動作させたい場合には、このプラグインが必要です。


PlayアプリのMVCアーキテクチャ

 PlayアプリのAPIおよびアーキテクチャは、HTTPとMVCパターンに基づいています。MVCアーキテクチャパターンは皆さんもご存じの通り、アプリの機能を以下の3つに分割し、それぞれの関連を疎結合にしつつデータを分離するアーキテクチャです。

  • ロジックを記述する「モデル」
  • UIへの出力を行う「ビュー」
  • リクエストを受けてモデルとビューを制御する「コントローラ」
MVCのイメージ

 先ほど作成したサンプルアプリを例に説明しましょう。Playのコントローラの役割は、クライアントからのHTTPリクエストを受け、モデルを使って処理を行い、ビューへ結果を渡すことです。

コントローラ

 ここでは、「app/controllers/Application.scala」ファイル内のApplicationオブジェクトがコントローラに当たります。アプリはリクエストを受けると、ルーティングファイル「conf/routes」に定義されたリクエストパスとHTTPメソッドを基に対応するコントローラを探します。

 サンプルのルーティングファイルではルートにアクセスした際にApplicationコントローラのindexメソッドを実行するように定義されています。

……
# Home page
GET     /                           controllers.Application.index
……

モデル「Anorm」

 次は、モデルの役割です。モデルはコントローラから実行されます。

 本サンプルではモデルを使っていませんが、アプリ固有のロジックやJPAなどのPersistence APIを用いてデータストアへアクセスします。

 Play 2.0(Sacla)では、デフォルトで「Anorm」というデータアクセスライブラリを提供しています(※Play 2.0(Java)の場合は「Ebean」というORMを使えます)。

ビュー「Scala template」

 最後は、ビューの役割です。コントローラから渡されたデータをビューテンプレートで処理します。

 デフォルトでは、Scalaを用いたテンプレートエンジンの「Scala template」が使われます。Scala templateでは、HTMLにScalaの構文を埋め込んで使えます。

 このように、PlayのアプリアーキテクチャはシンプルなMVCモデルになっています。これらの詳細については次回以降、順次紹介していきます。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。