連載
» 2012年12月03日 17時55分 公開

Webブラウザで気軽に学ぶ実践SQL講座(14):SQLでデータを操作する(副問合せを利用したINSERT/相関UPDATE/MERGE) (3/3)

[須々木尚子(すすき なおこ),日本オラクル]
前のページへ 1|2|3       

Excelなどのデータを簡単にDBにロードするには?

 「ExcelやCSVのデータをデータベースに取り込みたい」というニーズは多くあります。APEXを使うと、ExcelやCSVのデータを簡単にデータベースにロードすることができます。今回は、その手順を紹介しましょう。

1.ロードするデータの種類を選択する

 APEXの「SQLワークショップ」から「ユーティリティ」を選択し、「データ・ワークショップ」の画面に進みます。すると、次の画面例のように、ロードするデータの種類を選ぶことができます。「スプレッドシート・データ」を選択して次に進みましょう。

図10 スプレッドシート・データを選択する

2.データのロード先を指定する

 データをロードする先の表として、「既存の表」または、「新規の表」を選択できます。今回は、既存を選択します。また、ロード元として、「ファイル」または「コピー・アンド・ペースト」を選ぶことができます。「コピー・アンド・ペースト」を選ぶと、Excelなどのデータをコピー・アンド・ペーストで張り付けることができます。

図11 ロード元にコピー・アンド・ペーストを指定する

3.表を指定し、データを追加してみる

 今回の連載で作成した「MY_PROD」表を指定し、データを追加してみましょう。

図12 表を指定する

4.Excelデータをコピーする

 Excelなどに入力するデータをまとめ、データ範囲をコピーします(Excelのデータはご自身で作成してください)。

図13 Excel表をコピーする
図14 コピーした内容をペーストする

5.データ内容を確認する

確認画面で、入力されるデータを確認します。

図15 入力されたデータを確認する

6.結果画面を確認する

 今回は、3行を追加したため、成功が「3」となっていることを確認します。

図16 結果を確認する

7.追加内容を確認する

 SELECT文でMY_PROD表を確認すると、データが追加されていることが分かります。

図17 SELECT文で内容を確認する

 APEXを使うと、SQLコマンドを使わなくても表を作成したり、データを追加したりできます。APEXだけでも多くのことができるので、ぜひ有効に使ってみてください。

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。