連載
» 2012年12月17日 17時25分 公開

Maker達のお祭りがやってきた! Maker Faire Tokyo 2012UXClip(14)(3/6 ページ)

[高須 正和,ウルトラテクノロジスト集団チームラボ]

ますます増えた、研究機関とMakeのつながり

 これまではインタラクション エンターテイメントコンピューティング(SIGEC)といった形で発表されていたような作品もMaker Faireに登場するようになった。東工大に会場が移ったときに、東京工業大学ロボット技術研究会の出展物が登場するようになったが、未来館になってさらに学術関係からの出展が増えた印象だ。

バスクラッチ

 大笑いを呼んでいた、平#先生(京都産業大学)のbathcratch。浴槽の上からプロジェクションを行ってアイコンを表示、静電センサとピエゾセンサによって浴槽のフチをタッチ操作とこすり操作を可能にするデバイスだ。

浴槽がタッチパネルに!
これがbathcratch。風呂桶がDJのターンテーブルになる!

電通未踏組

 同じ部屋で展示していたのが電通大学の学生+OBたちの未踏プロジェクトを発表する「電通未踏組」。

 インターフェイス系の研究で絶大な存在感を誇る電通大らしく、国内ではあまり見られないような、数百万円するMicrosoft Pixelsenceを使って開発したシューティングゲームや、3DCGのポーズを簡単に制作するモデリングツールQUMARIONの原型を展示。

PixelSenceを使ったシューティングゲーム

東工大ロボット技術研究会(通称ロ技研)

 デフを自作し、車をどう動かしても、上に載っているフィギュアが常に同じ方向を示す指南車。メカの設計・実装技術を感じさせる。

指南車

 ロボットが、さらに人形をコントロールするデモ。無表情なトラ形のロボットが人形劇を演じる様が何かの感情を呼び起こす。

妙なSF感を感じさせるトラロボ

 こちらは力作、そろばんロボ「そろぼん」。音声読み上げの暗算「願いましては、xx円足すところのxx円なり……」に対して、正確にそろばんを弾いて答えを出す。弾くスピードも、読み上げに十分ついてくるレベル。

とても正確に動くそろばんロボ
そろばんロボと同時に動く電卓ロボ

電気を食べる?食べ物に電流を流すデバイス

 明治大学宮下研から@apapababyさんが出展していたのは改造フォークで食べ物に電気を流すデバイス。イーテルミンは人間から微弱な電流を取って音に変えるが、こちらは食べ物に電気を流すのだ。

 過去のMakeでもスポーツドリンクに電気を流して、飲んでいる最中に味を変える展示をしていたが、今回はさらに進化して、塩味の濃さを電流量で操れるようになったという。

フォーク上のつまみを動かすことで電流量をコントロールする

 Makeの常連、金沢大学秋田研究室も展示。LEDマトリックスのあるボードを組み合わせるインターフェイスに加え、現在プロトタイピング中の光る氷デバイスを出展。

Arduino用LEDタイルを出展している金沢大学
こちらは新作。無線通信+バッテリを備えた基板ごと凍らせることで、光る氷が作れる

 慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科稲見研究室から@furisawakiさんが、植物に感情表現をさせるアクチュエーションを展示。

盆栽のように引っ張ることで、植物がインタラクティブに反応する

 名古屋造形大学デジタルメディアデザインコースでは、教員と学生によるプロジェクトグループ「スイッチ」として、コマを回すとコマから花が散らばるインタラクティブコンテンツを提示。

コマの動きを読み取って花が散らばる

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。