連載
» 2013年01月28日 14時24分 公開

5分で絶対に分かる:5分で分かるレスポンシブWebデザイン (4/5)

[菊池崇,Web Directions East]

4分−欧米では2012年に大手一般企業や公的機関でもRWDが採用される

 ここまで簡単に技術的な話をしてきた。ここからは、欧米を中心に海外でのレスポンシブWebデザインの広がりを事例を交えてご紹介する。

 レスポンシブWebデザインが誕生した2010年ごろは、制作者を中心としたサイトで採用されることが多かったのだが、2011年には日本でもなじみ深い米国のスターバックス公式サイト、2012年に英国のイギリス政府のサイト、国際団体の国際工業規格ISOの公式サイトがレスポンシブWebデザインで構築され、2012年後半には大手一般企業をはじめ、公的機関、国際団体、新聞社、ECサイトが続々とレスポンシブWebデザインでリニューアルされている。

スターバックスのWebサイト
イギリス政府のWebサイト
国際工業規格のWebサイト

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。