特集
» 2020年11月25日 05時00分 公開

Google Chrome完全ガイド:外出先からPCをWebブラウザで遠隔操作、「Chromeリモートデスクトップ」入門 (2/2)

[デジタルアドバンテージ,著]
前のページへ 1|2       

Chromeリモートデスクトップのクライアントとして利用開始

 Chromeリモートデスクトップを使ってホストに接続するには、ChromeやFirefoxなどの最新ブラウザで「https://remotedesktop.google.com/」を開きます。ログインが要求されたら、ホストを設定した時と同じGoogleアカウントでログインしてください。

 Chromeで開いた場合、ここでアドレスバー(オムニボックス)右端に表示される[+]アイコンをクリックすると、PWA(Progressive Web Apps)と呼ばれるアプリ版のChromeリモートデスクトップをインストールできます。これでデスクトップ上のショートカットやスタートメニューから、直接Chromeリモートデスクトップのクライアントを起動できます(このアプリの詳細は「Chromeをすっ飛ばしてWebアプリを一発起動する方法」を参照してください)。

 ブラウザペインの「リモートのデバイス」欄に、ログインしたGoogleアカウントで登録したことのあるホストのPC名が表示されます。登録したはずのPCが表示されない場合は、クライアントでログイン中のGoogleアカウントが、ホストでインストール時にログインしていたGoogleアカウントと一致しているかを確認してください。

 ここで接続可能なPCは、緑色のアイコンで表示されます。電源が入っていないPCは、PC名がグレーアウトされて接続できません。

 ホストとしては使わず、クライアントとして利用するだけなら、ホストに設定する際に必要だった拡張機能や「Chrome Remote Desktop Host」のインストールは不要です。

前のページへ 1|2       

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。