連載
» 2013年04月17日 17時55分 公開

AWS OpsWorksアプリケーション運用の勘所(1):AWS OpsWorksって何? から、運用しやすくなる下準備のポイントまで (3/5)

[あけり,@IT]

AWS OpsWorksでの環境構築作業は?

 ここまでで下準備ができたことと思います。ここからは、実際にEC2インスタンス上にStackやLayerを作成していきます。

Stackの作成

 Stackの作成はAWS Management Consoleを使って行います。Stackの作成はこのボタンから作ります。

Stack作成

Layserの作成

 AWS OpsWorksでは、EC2インスタンス上に置くアプリケーションを「Layer」と呼びます。Stackができたら、次にLayerを作っていきます。

Layerの作成

 Layerは今回3つ作ることにします。

  • ロードバランサのためのLayer
  • PHPを動かすためのLayer
  • データベースのためのLayer

 LoadBalancer、データベースのLayerは特に難しいことはなく、画像のように作ってください。ここで設定したパスワードは控えておきましょう。

HAPloxy(ロードバランサ)のLayerを設定する(クリックで拡大)
MySQLのLayerを設定する(クリックで拡大)

 次に、PHPを動かすためのLayerでは、先ほど作ったCustomChefRecipeが使われます。

PHPのLayer Chefレシピを指定する(クリックで拡大)

 この画面で自分のcookbookのリポジトリを指定して、branchの指定もしておきます。もし公開していない、もしくはsshでの接続であれば、Deploy用の秘密鍵も設定しておきます。

 これでLayerの作成は完了です。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。